ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
秘書だけが知っている仕事ができる人、できない人 能町光香

一流のリーダーは年末年始休暇に何をしているか

能町光香 [株式会社リンクCEO 人材育成コンサルタント 一流秘書養成スクール校長]
【第19回】 2015年12月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
まもなく年末年始休暇。のんびり過ごしたいと思う人は多いでしょうが、一方で一流の人たちはどんなことを考えながら休暇を過ごしているのでしょうか

 師走を迎え、多忙な日々をおくっている方が多いことでしょう。なかには、数多くの締切に追われ、「締切日まで間に合うのか」と頭を抱えている人や、膨大な仕事を抱え、「どうしたら終らせることができるのか」と頭を悩ませている人もいるかもしれません。

 そんな日々も、あとわずか。

 もうまもなく、冬期休暇がやってきます。まずは、のんびりしたいと思うのが正直な気持ちかもしれませんね。

 冬期休暇は、新年を迎える「節目」の時でもあり、来年のことを思い描く大切な時期でもあります。

 皆さんは、清らかな新年を迎えるために、どんなことをしていますか?

 「やっとゆっくりできるのだから、とにかくのんびりしたい」
 「やっと自由な時間ができるのだから、自分の好きなことをして過ごしたい」
 「やっと家族との時間をもてるのだから、家族と一緒に過ごす時間を大切にしたい」

 このように、人それぞれでしょう。

 「一流の人」と呼ばれる人たちも、その思いはそれぞれですが、必ず年末年始の間に、「あること」をおこなっています。

 それは、「ちょっとしたこと」であり、誰にでもある程度の時間さえあればできることです。

普段は強い“孤高のリーダー”が
年末年始にしていることは?

 その「ちょっとしたこと」とは、何でしょうか?

 それは、「自分の弱いところに目を向ける」という行為です。

 リーダーになると部下を抱えることになり、つねに、「理想の上司」でなければならないというプレッシャーから、人前で「弱み」を見せることができなくなっていきます。これは、リーダーの宿命のひとつかもしれません。

 なかには、「坂本龍馬のように強くあらねばならない」と思い、影でひとり切磋琢磨している方もいらっしゃいます。

 秘書は、そんな孤高な姿に触れる機会もあり、「リーダーには、特有の悩みが有り、それこそがリーダーとしての器を醸成することになる」ということもわかりました。

 わかりやすく言うと、いくら優秀な部下であったとしても、上司(リーダー)という立場にならなければ、本当の意味で上司の気持ちはわからないということです。どんなに優秀な部下であっても、部下というポジションにいる限り、見ることのできない世界があるのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

能町光香(のうまち・みつか)[株式会社リンクCEO 人材育成コンサルタント 一流秘書養成スクール校長]

青山学院大学、The University of Queensland大学院卒業。10年間、バンクオブアメリカ・メリルリンチ、ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクなどの一流企業のトップエグゼクティブの秘書として活躍し、数々の業績を残し、組織から高い評価を受ける。その後、人材育成コンサルタントとして独立。2013年に、日本での秘書人材育成の必要性を痛切に感じ、「一流秘書養成スクール」を創設。上司の右腕として活躍できる「真のエグゼクティブ・アシスタント」の育成を目指し、豊富な経験に基づく実践的な解決方法を伝える講演や企業研修、コンサルティングをおこなっている。また、サービス・ホスピタリティ・アワード審査委員を務めるなど、経営における「サービス・ホスピタリティ力」の重要性を説き、サービス・ホスピタリティ・マネジメントの普及啓蒙を行う。主な著書に、20万部のベストセラー「誰からも気がきくと言われる45の習慣」(クロスメディア・パブリッシング)など著書多数。
公式ホームページ:http://www.link2u.co.jp/


秘書だけが知っている仕事ができる人、できない人 能町光香

この連載では、10年間秘書を務め、現在では一流秘書の育成に携わる能町光香さんが、経営層に近いところで働く秘書だからこそ垣間みることができた、一流の人たちの仕事術についてお伝えしていきます。
 

「秘書だけが知っている仕事ができる人、できない人 能町光香」

⇒バックナンバー一覧