ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

生産性を追求し続けると、仕事が無くなるという「矛盾」

~『限界費用ゼロ社会』(ジェレミー・リフキン著)を読む

情報工場
【第8回】 2016年1月9日
1
nextpage

“自滅”に向かう資本主義経済

 ロボットやAI(人工知能)技術が、飛躍的に発達している。そのおかげで人間の仕事が奪われ、失業する人が増えるのではないか、という指摘がここ数年よく聞かれるようになった。

『限界費用ゼロ社会』
ジェレミー・リフキン著/柴田裕之訳
NHK出版
531p 2400円(税別)

 とは言っても、まだまだ先の話だし、自分には関係ないと思っている人も多いだろう。しかし、日本でもキヤノンが国内の二つの工場を2018年をめどに完全自動化・無人化すると発表している。決して他人事ではないのだ。

 現在、大手自動車メーカーやGoogleなどがこぞって開発に取り組んでおり、実用化も間近と言われている「自動運転車」についても、同じことが言える。米国ではダイムラー社が開発した自動運転トラックが2015年、世界で初めて公道を走行することが認可された。近い将来、自動運転車が普及すれば、トラックやタクシーの運転手が職を奪われることになるかもしれない。

 メルケル独首相をはじめ各国首脳や政府高官のアドバイザーを務める文明評論家のジェレミー・リフキン氏は、1995年の著書『大失業時代』で「文明は労働者をほぼ必要としない世界にいっそう近づく」と予言している。広い視野と鋭い洞察力による未来構想に定評のある同氏の最新作が本書『限界費用ゼロ社会』だ。

 本書で同氏は、資本主義経済は本質的に矛盾を抱えており、そのせいで衰退に向かっていることを指摘。その最終段階で現れるのが「限界費用ゼロ社会」だと分析する。

 「限界費用」という言葉に耳慣れない人もいるだろうが、これは「モノやサービスを一つ(1ユニット)追加するのにかかるコスト」を意味する。これがゼロに近づくほど生産性が上がり、効率的に利益を生むことができる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧