ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「ピクト図解」で有望株を見抜け!

“フリーミアム”を駆使する日本調剤のすごさを図解する

板橋 悟
【第4回】 2010年6月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

意外な業態で
フリーミアムビジネスを発見!

 みなさんは、「日本調剤」という会社をご存じですか? 同社は調剤薬局のチェーン展開を主要事業とする東証一部上場企業なのですが、一般にはあまりなじみがないかもしれません。

 かくいう私も、日本調剤のことを知ったのは『週刊ダイヤモンド』(2010年3月13日号)の「FREE」特集に同社のビジネスが紹介されていたのがきっかけでした。記事によると、同社は勤務医の開業独立支援を無料で請け負い、医療モールを形成してそのモールに自社の調剤薬局を開設しているそうです。

 医療モールはひとつのビルの中に内科や眼科など複数の科がテナントとして入居するもので、患者を紹介し合えるなど入居する医院にメリットがあると言われます。

 しかし、なかには思ったほどの相乗効果が得られないケースもあるようです。一部の医療モールが不調なのは、医療モールを展開する医療コンサルティング会社などの場合、医院の開業サポートや設備の販売などで収益をあげているため開業後のフォローが手薄になることが理由のひとつではないかと思います。

 日本調剤は医師の開業支援を無料にし、開業後に各医院から出される処方箋の調剤を行うことで収益をあげています。各医院との長い付き合いが生まれるため、開業後のフォローもしっかりでき、医療モール全体の活性化も図れそうです。

 この仕組みを聞いて、ピンときた方もいることでしょう。そうです、日本調剤はベストセラーとなった『フリー』(クリス・アンダーソン著、NHK出版)の中で紹介されている“フリーミアム”というビジネスモデルを、巧みに活用している企業でもあるのです。

 「これはすぐれたビジネスモデルだ」と感じて興味を持ち、ほかの事業についても調べてみたところ、同社の強みはまだまだほかにもありそうです。今回は、みなさんと一緒に日本調剤のビジネスモデルの全体像を見ていきたいと思います。使用するのは、企業のビジネスモデルを“見える化”し、儲ける仕組みを見抜く「ピクト図解」という手法です。

次のページ>> 日本調剤の3つの事業
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
ビジネスモデルを見える化する ピクト図解

ユニクロのフリースも、iPodも、『ドラクエ9』も、ヒットの秘訣は「儲けるしくみ」にあった!ビジネスの基本要素である「誰が」「誰に」「何を」「いくらで」の4要素に注目し、シンプルなシンボル記号を使ってビジネスモデルを絵で解読。さらにその絵をアイデア発想にも応用できる、画期的なビジュアル思考トレーニング。板橋悟・著 1575円(税込)

話題の記事

板橋 悟

1963年東京都向島生まれ。東京工業大学理学部物理学科卒後、リクルートに入社。マサチューセッツ工科大学(MIT)留学、メディアファクトリー出向を経て2003年に独立。現在はエクスアールコンサルティング株式会社代表取締役・CEO、エデュテインメント・ラボ代表を務める。著書に『「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力』(日本経済新聞出版社)がある。
【ピクト図解公式サイト】http://3w1h.jp/


「ピクト図解」で有望株を見抜け!

マネックス・ユニバーシティとの連動企画。『ビジネスモデルを見える化する ピクト図解』の著者・板橋悟氏が、いま注目の企業5社のビジネスモデルの要点を「ピクト図解」を使って解説。さらにマネックス・ユニバーシティ社長の内藤忍氏とともに企業分析を行います。

「「ピクト図解」で有望株を見抜け!」

⇒バックナンバー一覧