ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「ピクト図解」で有望株を見抜け!

顧客ニーズをとらえて進化し続けるアスクルの秘密

板橋 悟
【最終回】 2010年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 5回にわたってお届けしてきたこの連載も、今回がいよいよ最終回。最後に取り上げるのは、アスクル株式会社です。

 アスクルは、紙のカタログやウェブサイトに掲載されたオフィス用品を注文すると、当日または翌日には商品が届くというサービスを展開しています。みなさんは、職場でアスクルを利用したことがあるでしょうか? 使ったことがないという方でも、取扱商品の豊富さ、スピーディーに配送される利便性など、アスクルが展開するサービスの特徴はご存じでしょう。

 アスクルは「お客様のために進化するアスクル」を企業理念に掲げていますが、創業当初からこの理念に基づいてユーザー視点でビジネスモデルを進化させ、事業を大きく成長させてきたことは注目に値します。

 私は長年、同社のビジネスモデルに関心を寄せてきました。拙著『ビジネスモデルを見える化する ピクト図解』でもアスクルについて大きく取り上げ、ビジネスモデルを分析していますが、アスクルのビジネスモデルはその後もさらに進化を続けているのです。

 そこで今回は、本の“続き”をお送りしたいと思います。使用するのは、企業のビジネスモデルを見える化して儲ける仕組みを見抜く手法、「ピクト図解」です。

アスクルの変遷をたどる

 まず本を読んでいないという方のために、アスクルが創業時からどのようにビジネスモデルを進化させてきたのかをおさらいしておきましょう。

 みなさんは、アスクルが大手文具メーカーのプラスの事業部としてスタートしたことをご存じでしょうか。1993年、アスクルはプラスの通信販売事業部として生まれました。当初は取扱商品の9割がプラスの事務用品で、メーカーの直販サービス部門のような位置づけだったと考えられます。ビジネスのターゲットは、従業員30名以下の中小企業。文具店の外商が出入りしないような、規模の小さな会社のニーズを拾うのが狙いでした。

 ところがアスクル事業が成長するにつれ、ユーザーから「プラス以外の商品も届けてほしい」「文具以外の商品もほしい」「名刺や会社ロゴ入り封筒などの印刷サービスにも対応してほしい」といった声が高まってきます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
ビジネスモデルを見える化する ピクト図解

ユニクロのフリースも、iPodも、『ドラクエ9』も、ヒットの秘訣は「儲けるしくみ」にあった!ビジネスの基本要素である「誰が」「誰に」「何を」「いくらで」の4要素に注目し、シンプルなシンボル記号を使ってビジネスモデルを絵で解読。さらにその絵をアイデア発想にも応用できる、画期的なビジュアル思考トレーニング。板橋悟・著 1575円(税込)

話題の記事

板橋 悟

1963年東京都向島生まれ。東京工業大学理学部物理学科卒後、リクルートに入社。マサチューセッツ工科大学(MIT)留学、メディアファクトリー出向を経て2003年に独立。現在はエクスアールコンサルティング株式会社代表取締役・CEO、エデュテインメント・ラボ代表を務める。著書に『「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力』(日本経済新聞出版社)がある。
【ピクト図解公式サイト】http://3w1h.jp/


「ピクト図解」で有望株を見抜け!

マネックス・ユニバーシティとの連動企画。『ビジネスモデルを見える化する ピクト図解』の著者・板橋悟氏が、いま注目の企業5社のビジネスモデルの要点を「ピクト図解」を使って解説。さらにマネックス・ユニバーシティ社長の内藤忍氏とともに企業分析を行います。

「「ピクト図解」で有望株を見抜け!」

⇒バックナンバー一覧