ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

自由市場といっても無秩序な市場は存在しない
不心得者は淘汰される

上田惇生
【第201回】 2010年7月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
2100円(税込)

 「最も重要でありながら最も理解されていないものが、市場における権力の構造である」(『産業人の未来』)

 いわゆる自由市場には、どんな種類の制約も存在しないといわれてきた。政府が企業や個人の経済活動に干渉せず、市場の働きに任せる状態をレッセフェール(自由放任主義)という。仏語で「なすがままに任せよ」の意味だ。

 だが、ドラッカーは、そのような無秩序な市場が存在したためしはない、と喝破する。若い頃に英国の金融街・シティで働いた経験を持つドラッカーは、市場ではどのように権力が行使されるのか観察していたのだ。

 英国金融の権威筋は、市場の代表的な機関、すなわち証券売買市場、資本調達市場、商品市場、外国為替市場などを通して、権力を行使していた。彼らは、市場のヒートアップを危惧しても、通達の類いを出さなかった。抑圧的な規制はルールに反したからだ。

 不心得者に対する権威筋の意向は、昼食時の雑談、電話でのさりげない会話、あるいは取引所や仲買人たちを通じて、非公式に伝えられた。このサインは、控えめに二回まで出される。そして、ある日突然、裏書が拒否される。それまで、不心得者が市場と関係していたことで得られた権利は、すべて取り上げられたという。

 「市場には、常に市場自体の規制や権威が存在した。この経済的な領域における支配もまた、政治的な領域における政治的権力と同様、その権力を実際に行使した」(『産業人の未来』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧