ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
理系に学ぶ。
【第7回】 2016年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
川村元気 [映画プロデューサー・小説家]

WiiUをもっと使ってほしいから
『スターフォックス』をリメイク中
【宮本 茂氏×川村元気氏】対談(後編)

1
nextpage

『告白』『悪人』『モテキ』『バケモノの子』『バクマン。』などを手がけた映画プロデューサーで、初めて書いた小説『世界から猫が消えたなら』が120万部を突破し映画化。2016年も映画『怒り』『何者』など、次々と繰り出される企画が話題を集める川村元気。その背景にあるのは「“苦手を学ぶ”ことで、人間はぎりぎり成長できる」という一貫した姿勢だという。
そんな川村元気が、話題の新刊『理系に学ぶ。』では、「文系はこれから何をしたらいいのか?」をテーマに最先端の理系人15人と、サイエンスとテクノロジーがもたらす世界の変化と未来を語っている。
本連載ではその中から5人との対談をピックアップするが、第7回は、数々の傑作で世界を熱狂させてきたゲームプロデューサーの宮本 茂さんとの対談後半。

『スーパーマリオ』の背景を空色にした理由は?

川村 宮本さんに会ったら聞きたいと思っていたんですけど、それこそ『インベーダーゲーム』とか『ドンキーコング』とか、背景がずっと黒じゃないですか。なのに、『スーパーマリオ』のときにいきなり空色が入ってきたのは、どうしてなのかなと。
宮本 当時、使える色が60色くらいあって、そこに空色が入っているのはわかっていました。ただ、昔の解像度で背景に青をもってくるとキャラクターがぼけるから、ものすごくこだわって描いている絵でもあるし背景は黒でしっかり締めたかったのと、ゲームをして目が悪くなったと言われるのもいやで、ずっと拒んでいたんです。でも、『スーパーマリオ』はファミリーコンピュータにディスクシステムをくっつける前の、本体だけで動く最後のゲームとして出そうとしていて、「ある意味でお祭りでもあるし、派手にいきましょうか」ってことで、空色になりました。

川村 今までのゲームでは背景が黒だったのが、空色という比較対象ができたことで暗闇になったというか、「色を変えただけなのに、なんだろうこの感じ」っていう当時の驚きは、今でも覚えています。
宮本 僕も空色の世界から暗闇にした土管にスーパーマリオがぽとっと落ちたときに、急に寒さみたいなものを感じてぞくぞくっとしたのを覚えています。それで「この感じをもっと生かさないともったいない」ってことで演出が高じたのが『ゼルダの伝説』で、音で何か足せないかとか、いろいろやってみたりしましたね。

川村 確かに、ゼルダのジングルを初めて聴いたときは、震えましたね。
宮本 それまではファミコンのボードに直打ちで打って出る音しか使えなかったのが、ゼルダの頃はサンプリングに近いこともできるようになったので、そのへんの音をかなり使っていて、近藤浩治という任天堂のサウンドディレクターとべったりやりましたね。効果音は、作ってもらったサンプリングを一通り聴いて、「このシーンにはこの音」みたいなことをやったりして、すごく楽しかったです。音楽というのは素晴らしくて、それだけで人の気持ちを作ることができるんですよね。

川村 『告白』という映画を一緒に作った中島哲也監督も「人の感情を動かすのは、映像よりも音」とよく言っていました。
宮本 ただ、ゲームの音の付け方はちょっと特殊で、レースゲームでも「ブーン」というアクセルのリアルな音より、異質な音が入った方がいいんです。あり得ない音をどう奔放に混ぜるかっていう部分が、ゲームではけっこう楽しい。

川村 宮本さんがすごいのは理系に踏み込んだ上で技術の発明だけでなく、そこに文系のジャンルでもある色や音へのアート的なこだわりを加えたことだと思います。
宮本 あと、ネーミングもかなりやりましたね。

川村 そこはどんなセオリーを持たれていますか?
宮本 「まぁ、悪くないんじゃないですか」というのはほとんどだめで、最初は反対意見が多いものの方が実際に売れたりするものだと思います。普通じゃないというのが大事なんじゃないですかね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


川村元気 [映画プロデューサー・小説家]

1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、東宝にて『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン。』などの映画を製作。2010年米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌11年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年には初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。同書は本屋大賞へのノミネートを受け、100万部突破の大ベストセラーとなり、佐藤健、宮﨑あおい出演で映画化された。13年には絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』を発表し、同作はNHKでアニメ化され現在放送中。14年には絵本『ムーム』を発表。同作は『The Dam Keeper』で米アカデミー賞にノミネートされた、Robert Kondo&Dice Tsutsumi監督によりアニメ映画化された。同年、山田洋次・沢木耕太郎・杉本博司・倉本聰・秋元康・宮崎駿・糸井重里・篠山紀信・谷川俊太郎・鈴木敏夫・横尾忠則・坂本龍一ら12人との仕事の対話集『仕事。』が大きな反響を呼ぶ。一方で、BRUTUS誌に連載された小説第2作『億男』を発表。同作は2作連続の本屋大賞ノミネートを受け、ベストセラーとなった。近著に、ハリウッドの巨匠たちとの空想企画会議を収録した『超企画会議』などがある。

 


理系に学ぶ。

『世界から猫が消えたなら』『億男』『仕事。』で出版界に新風を吹き込む川村元気が、言葉で読み解くこれからの理系脳。最先端の理系人たちと、サイエンスとテクノロジーがもたらす世界の変化と未来を語る。
・川上量生(カドカワ 代表取締役社長/ドワンゴ 代表取締役会長)
・宮本 茂(任天堂 専務取締役 クリエイティブフェロー)
・舛田 淳(LINE 取締役 CSMO)
・西内 啓(統計家)
・出雲 充(ユーグレナ 代表取締役社長)

「理系に学ぶ。」

⇒バックナンバー一覧