ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
理系に学ぶ。
【第5回】 2016年4月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
川村元気 [映画プロデューサー・小説家]

ネット=無料という認識が変わり、
VIPサービスが出てくるのでは?

【舛田 淳氏×川村元気氏】対談(後編)

1
nextpage

『告白』『悪人』『モテキ』『バケモノの子』『バクマン。』などを手がけた映画プロデューサーで、初めて書いた小説『世界から猫が消えたなら』が120万部を突破し映画化。2016年も映画『怒り』『何者』など、次々と繰り出される企画が話題を集める川村元気。その背景にあるのは「“苦手を学ぶ”ことで、人間はぎりぎり成長できる」という一貫した姿勢だという。
そんな川村元気が、話題の新刊『理系に学ぶ。』では、「文系はこれから何をしたらいいのか?」をテーマに最先端の理系人15人と、サイエンスとテクノロジーがもたらす世界の変化と未来を語っている。
本連載ではその中から5人との対談をピックアップするが、第5回は、月間利用者2億人を誇り、ノリのいい理系集団とともに世界に向かうLINE取締役CSMOの舛田 淳さんとの対談後半。

ヒットする企画を生み出すコツはありますか?

川村 おそらく、舛田さんと僕はかなり近い動きをしていると思います。僕も映画を作るとき、脚本家や映画監督や俳優のクリエイティブが発露されているところを見つけながら、「あれとこれをくっつけて、こうやってくれたら、こう面白くなるのではないか」みたいなことを言葉にして伝えています。
舛田 確かに似ていますね。あと、よく社員には「足し算、引き算、掛け算、割り算くらいができると、企画ができるし、事業も考えられる」と言っています。ある事象に何かを足してなんとかなったり、引き算をしてシンプルにしたり、掛け算をしてスケールをアップしたり…ということなんですが、だいたい方式を導き出して数学的な考え方ができれば、どんなものでも一定の形には持っていける。

川村 非常に数学的なクリエイティブですね。
舛田 最初から方程式とか因数分解とかにいくとハードルが上がってしまうけど、四則演算くらいなら、誰もがベースとして共有できる。例えば人も物もアイデアも空気もひっくるめてレイヤーをどんどん足していって、そこから1枚取って、また1枚を他から取ってきて足してみるということを繰り返して、輪郭を作っていく感じですね。

川村 僕の小説の作り方も似ている部分があります。自分の書きたいテーマがあって、その上で大量に取材をして、レイヤーを重ねて、最後に掛け合わせたり、ある部分を丸ごと抜いたりして、書きたいものの輪郭を見つけていくところから始めます。
舛田 極論というか、最大限何かを足してみるとか、最大限振り切らせてみるとか、そういうやり方が大事だと思っています。世界のモンスターサービスたちと戦っていくには通常のやり方では歯が立たない。そうすると、0から1のサービスを生み出すために、10回に1回しか当たらないかもしれないけど、ゲリラ戦を繰り返さないと無理なんです。

川村 でも、今は成長社会ではないし、失敗が許されなくなっているので、下からこつこつ積み上げていくことが賞賛される空気があるじゃないですか。現実問題はそういうやり方では、特に海外なんかを相手にしたら、なかなか勝てないと思うんですが。
舛田 実際の勝率より、こつこついった方が論理的に見える。でも、私は積み上げるだけでなく、壊していきますね(笑)。論理性だけでは絶対に月に行けないですよ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


川村元気 [映画プロデューサー・小説家]

1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、東宝にて『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン。』などの映画を製作。2010年米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌11年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年には初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。同書は本屋大賞へのノミネートを受け、100万部突破の大ベストセラーとなり、佐藤健、宮﨑あおい出演で映画化された。13年には絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』を発表し、同作はNHKでアニメ化され現在放送中。14年には絵本『ムーム』を発表。同作は『The Dam Keeper』で米アカデミー賞にノミネートされた、Robert Kondo&Dice Tsutsumi監督によりアニメ映画化された。同年、山田洋次・沢木耕太郎・杉本博司・倉本聰・秋元康・宮崎駿・糸井重里・篠山紀信・谷川俊太郎・鈴木敏夫・横尾忠則・坂本龍一ら12人との仕事の対話集『仕事。』が大きな反響を呼ぶ。一方で、BRUTUS誌に連載された小説第2作『億男』を発表。同作は2作連続の本屋大賞ノミネートを受け、ベストセラーとなった。近著に、ハリウッドの巨匠たちとの空想企画会議を収録した『超企画会議』などがある。

 


理系に学ぶ。

『世界から猫が消えたなら』『億男』『仕事。』で出版界に新風を吹き込む川村元気が、言葉で読み解くこれからの理系脳。最先端の理系人たちと、サイエンスとテクノロジーがもたらす世界の変化と未来を語る。
・川上量生(カドカワ 代表取締役社長/ドワンゴ 代表取締役会長)
・宮本 茂(任天堂 専務取締役 クリエイティブフェロー)
・舛田 淳(LINE 取締役 CSMO)
・西内 啓(統計家)
・出雲 充(ユーグレナ 代表取締役社長)

「理系に学ぶ。」

⇒バックナンバー一覧