ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1分間声トレ
【第17回】 2016年4月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
秋竹朋子

話し方に説得力を増すための「Sの法則」

現役アナウンサーでさえ噛んでしまうサ行ですが、サ行をきちんと言えることで、信頼感や説得力が増します。そして、「そ」から始まるフレーズを使いこなすことで、相手に対してより共感を示していることになり、相手の気分を高めることができます。
250社超の研修実績、3万人が受けた声のビジネス研修を読んで学べるボイスレッスン『「話し方」に自信がもてる 1分間声トレ』より、人気コンテンツを紹介します。

単語を区切ってしっかり発音する

 営業マンがよく使う言葉に「~させていただきます」があります。

 「商品について説明させていただきます」「金曜日はお休みさせていただきます」など、何気なく使っている人も多いのではないでしょうか。

 この「~させていただく」は間違った日本語であるという説もありますが、文化庁の「敬語の指針」によれば、「相手側又は第三者の許可を受けて行い」「そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合」に使うのなら「適切な範囲」だということです。

 たとえば「発表させていただきます」は、相手に時間をもらって、提案を聞いてもらうのですから、許可も恩恵も受けているということで、おかしくはない表現になります。

 一方で、「私は○○高校を卒業させていただきまして……」などと言う場合は、相手とは関係なく成立する話なので、不適切な使い方となります。

 日本語って難しいですね……。

 敬語として正しいかどうかはさておき、この「~させていただきます」はビジネスパーソンの日常会話に浸透している言葉です。

 相手を立てて柔らかい印象を与えるので、仕事上、よく利用するのではないでしょうか。

 利用機会が多い言葉ですが、口に出すと難しく、噛みやすいという難点があります。

 「させていただきます」と言えずに、「さしぇていただきます」「さしていただきます」などと、おかしなことになっている人がよくいます。自分ではそれほど気にならなくても、相手にとっては「たどたどしい」感じがして少し気になるものです。

 噛みやすいのは、日本語のなかでも特に発音するのが難しい「サ行」が連続して2回も出てくるからです。サ行は摩擦音といって、もともと言いにくい文字です。そして年齢を経るにつれて、サ行の発音はどんどん難しくなります。

 現役アナウンサーでさえ噛んでしまうサ行ですが、簡単にはっきりと言えるようになる方法があります。それは、「単語を区切って強く息を吐き直す」こと。

 「3時にお電話させていただきます」
「ご提案させていただきます」
「こちらも協力させてもらいます」
「明日お伺いさせていただきます」
「ぜひぜひ参加させてください」

 と一気に言おうとするのではなく、

「3時に/お電話/させて/いただきます」
「ご提案/させて/いただきます」
「こちらも/協力/させて/もらいます」
「明日/お伺い/させて/いただきます」
「ぜひぜひ/参加/させて/ください」

 というふうに、「/」のところでしっかりと区切り、一つひとつの単語をしっかりと発音することで噛まずに発音することができます。

 なお、同じサ行でよく使う言葉に「そうですね」があります。これは「させて」ほど言いにくくはありませんが、頻繁に利用することで信頼感や説得力が増す言葉といえます。

 お客様の話を聞いているときに「はい」「はい」とだけ相づちを打っていては、ちょっとそっけない印象を与えてしまいます。

「そうですね」「それは大変でしたね」「そう思います」などと、「そ」で始まる相づちを多く使ったほうが、相手に対してより共感を示していることになり、相手の気分を高めることができます。 

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


秋竹朋子 

 

ビジネスボイストレーニングスクール「ビジヴォ」代表。1982年2月3日福岡県生まれ。東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。聖徳大学大学院音楽文化研究科修了。ウィーン国立音楽大学での留学中には、ディヒラー国際音楽コンクールでの入賞など国内外での受賞歴多数。ビジヴォの代表として、「声」「話し方」に問題を抱えるビジネスパーソンの指導を実施。
音楽家ならではの聴力と技術を駆使した、日本初「超絶対音感」によるボイストレーニングが話題を呼び、「ニュースウオッチ9」「Rの法則」(NHK)、「スッキリ!!」(日本テレビ)、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)、「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)ほか多数出演。東京を拠点に全国各地で250社を超える企業での研修や教員研修を行い、これまで3万人以上にレッスンを実施。2011~2012年、経済産業省のグローバル人材派遣として「ビジネスボイス」が選ばれ、フィリピンに赴任、日本にとどまらずアジアにて「声」の指導をしている。


1分間声トレ

セブン&アイ・ホールディングス、伊藤忠商事、大阪ガス、明治安田生命、フジテレビなど250社超の研修実績、大手企業で続々採用する、3万人が受けた声のビジネス研修が読んで学べるボイスレッスンとして発刊。『話し方に自信がもてる 1分間声トレ』から、動画付きで、「1分間声トレ」を公開します。

「1分間声トレ」

⇒バックナンバー一覧