ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

中国製の自動運転車が北京ショーに、黒幕はアップル!?

桃田健史 [ジャーナリスト]
2016年5月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
会見後の記念撮影。ファラデーフューチャーの関係者の姿が目立つ Photo by Kenji Momota

ラスベガスCESの再来
中国主導で欧米関係者が動くカタチへ

 「なんだ、まったく同じ面子じゃないか!?」

 北京モーターショー(一般公開2016年4月29日~5月4日)の報道陣向け公開日。乗用車では中国最大勢力の独フォルクスワーゲンに続き、午前9時20分から「LeSEE」社の記者会見が始まった。会見場内は押すな押すなの大盛況だ。

北京モーターショーでお披露目された謎の自動運転車。米アップルと関係があるとの噂もPhoto by Kenji Momota

 LeSEEが自動車ショーの舞台に登場するのは今回が初めて。だが、4月20日に同社独自のイベントを開催し「自動運転車」を公開したことがインターネットを介して世界各国に知れ渡っており、今回のショーでもメディアの関心は極めて高い。

 ところが壇上にズラリと並んだのは、今年1月にラスベガスで開催された世界最大級のIT・家電見本市「CES2016」で、世界初登場した謎のEVベンチャー「ファラデーフューチャー」の幹部たち。テスラ「モデルS」の元開発総責任者、上海GM(ゼネラルモーターズ)の元役員などの面々だ。

 会見を進めるのは、ファラデーフューチャーのCOO(チーフ・オペレーティング・オフィサー)。会見の流れは、LeSEEは自動運転、ライドシェア、eコマースなど、自動車産業界の新たなる潮流をビジネスチャンスとして捉えて積極的な投資を行なうというもの。研究開発拠点は、ロサンゼルス、北京、ロンドンの他、欧州内とインドにあるという。

 だが、ファラデーフューチャーとLeSEEとの関係については、まったく触れなかった。

 そこで、記者会見の直後、ファラデーフューチャーの開発総責任者、ニック・サンプソン氏に直接話を聞いた。すると実車を目の前に「LeSEEとは技術的に連携していく。この自動運転車でも我々がEV技術を担当する」と答え、足早にその場を去っていった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧