ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

ここでも忍び寄る韓国の足音!
コードなしで充電を可能にする
電気自動車技術の切り札
「非接触給電」の主導権を守れ

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第56回】 2010年9月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 JR東京駅発の上越新幹線「たにがわ」に乗って約50分。上野、大宮、熊谷の次に停車するのが、本庄早稲田駅だ。

 同駅の開業は2004年3月にまでさかのぼるが、駅周辺には商業ビルや住居などがなく殺風景。本格的な道路整備がつい最近始まったばかりという雰囲気だ。駅の北側にはUR都市機構、埼玉県、本庄市が「早稲田本庄駅周辺土地区画整備事業」の大看板を掲げている。

 また同駅南口には2012年、関東地方を中心に事業展開している大手ホームセンター「カインズ」の本社が建つ予定だ。さらにその先には、深い森が広がっている。そこは「早稲田大学本庄キャンパス」。このなかに日本の次世代自動車技術の“頼みの綱”がある。

 早稲田大学理工学術院の紙屋雄史教授がバスの運転手に発進の指示を出した。すると、全長5.77mx全幅1.995mx全高2.83m、定員13人の小型バス「日野ポンチョ」は、その風貌と似つかわしくない急加速をした。車内で「おぉー」と、数人が驚嘆の声をあげた。

早稲田大学電動車両研究所のシャーシダイナモ実験施設。奥にあるのが「WEB-2」、手前が「WEV-0 アドバンス」。

 同車は「WEB-2」(Waseda Advanced Electric Micro Bus-2)。量産型ディーゼルエンジン車から改造された、「非接触給電」装置を持つ電気バスだ。

 早稲田大学の電動車両研究所(=大聖泰弘・紙屋雄史両教授の研究室)では、電気自動車、プラグインハイブリッド車、超小型燃料電池車などの電動車両研究を国と民間企業と連携して行っている。そうした一連の研究のなかで「早稲田ならではの技術」が、「非接触給電」なのだ。これは、充電時にコネクターなどを使わず、完全に分離された2つの装置の間で送電する技術。その詳細については本稿後半で紹介する。

 さて今回、筆者も参加した社団法人・自動車技術会主催の講習会では、太陽光発電を併設した非接触給電装置が大学外部関係者に初公開された。これは、埼玉県平成21年度「次世代自動車関連技術開発支援事業」の一環だ。早稲田大学、埼玉県、本庄市が2002年に、産学官連携による最新技術研究と地域産業の活性化を目指して「本庄国際リサーチパーク研究推進機構」を設立。同機構から地元の中小企業に事業委託したカタチだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧