ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「友達5000人芸人」カラテカ入江氏に聞く人脈形成の極意

青柳直弥[清談社]
2016年8月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

人脈がうまく築けず仕事が広がらない、取引先との関係が一歩踏み込めない、なかなか営業がうまくいかない…。こうした悩みを抱える人は、一般のビジネスマンにも多いはず。そんな人たちに、ぜひ参考にしてほしいのが、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也氏の人脈術だ。

初対面の人と会うときの大事な心がけは
キレイな靴と、前に出すぎないバランス感覚

 「人脈は宝」といわれるように、ビジネスマンが仕事を広げていく上で大きな武器になるのが、その人の持つ人脈だ。なんの仕事をしていようと、人脈のある人と、ない人では仕事の広がり方や、大きな仕事のチャンスに恵まれる機会が、まったく違ってくるからだ。中堅ビジネスマンはもちろん、特に若手ビジネスマンにとっては、これから築く人脈が、今後の人生を大きく左右するといっても過言ではないだろう。

金もなく、肩書きなどの武器もない。そんな何の取り柄もない一般人でも、人脈を築くことはできる――。入江氏の語る人脈形成のコツとは? Photo by Kazutoshi Sumitomo

 「友達5000人芸人」として知られる入江氏のもとには、人間関係に関する相談が多数寄せられ、近年ではそのノウハウを生かして、たて続けに本を出版したり、イベントや交流会を開催したりしている。

 とはいえ、人脈というものは意識的に築こうと思って築けるものでもないし、あまり躍起になりすぎれば相手に警戒されるのがオチ。初対面の人と会う上で注意すべきポイントなどはあるのだろうか?

 「まず服装に関しては、何よりも清潔感のある格好がマスト。僕が後輩にいつも言うのは、『売れていなくても、靴だけはキレイな靴を履いて、オシャレにしとけ』ってこと。そうじゃないと、なめられるぞと。特に、『あの先輩、金ないんだな』って思われちゃうと、売れてる後輩になめられますから。時計はしなくてもいいと思いますが、靴だけは別。高い靴じゃなくてもいいので、踵がすり減っていない、キレイな靴を履くべきです」

 確かに、昔から「靴は人を表す」といわれる。これから良い関係を築こうとしている相手に、靴が与える印象は少なくないかもしれない。

 「もうひとつが、僕自身もずっとテーマにしている『バランス感覚』です。具体的には、『(前に)出すぎない』ということなんですが、上に上がっていく人は皆、このバランス感覚が優れてますね。たとえば、僕が今田(耕司)さんや、鈴木おさむさんを紹介しても、バランス感覚がしっかりしている人は、いきなり名刺を渡さないんです。一言、僕に『入江さん、お名刺渡していいですかね?』と断りを入れてから、『すみません』といって渡す。こういう人は、グッと好感度が上がりますよね」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧