橘玲の日々刻々 2020年4月9日

「胎内で飢饉を経験したひとは肥満になりやすい」
後天的な遺伝情報(エピジェネティクス)の発見によって
細胞が遺伝子をコントロールしていることが分かった
【橘玲の日々刻々】

 新型コロナウイルス感染症で7都道府県に緊急事態が宣言され日本でも緊張感が高まっているが、(おそらくは)日本と世界の未来を大きく変えるだろうこの“ブラックスワン”についてはもうすこし状況が落ち着いてから考えるとして、せっかく時間ができたので、ここでは遺伝学の世界を大きく変えつつある「エピジェネティクス」について備忘録的にまとめておきたい。

 なお、以下の記述は主にリチャード・C・フランシス『エピジェネティクス 操られる遺伝子』(ダイヤモンド社)とティム・スペクター『双子の遺伝子 「エピジェネティクス」が2人の運命を分ける』(同)に拠っている。フランシスは神経生物学と行動学の博士号をもつサイエンス・ライター、スペクターはロンドン大学の遺伝疫学教授で、双生児研究の権威でもある。

遺伝子は同一でも後天的に遺伝情報が変化しているかもしれない

 一卵性双生児はIdentical Twin(かんぜんに同一の双子)と呼ばれるように、ひとつの受精卵が分裂(多胚化)し、まったく同じDNAを共有してこの世に生を受けた。そのため最新のDNA検査でも、どちらのDNAかを特定できない。

 ミシガン州の立体駐車場で女子大生が深夜にレイプされた事件では、膣内に残っていた精子のDNAが36歳のアフリカ系アメリカ人のものと一致することがわかった。男は以前、大学の陸上競技のコーチを務めていたが、別の犯罪で収監されたことがあり、このときにDNAサンプルを提出していたのだ。

 事件はこれで一件落着と思われたが、じつは男には一卵性双生児の兄弟がいた。この事件が大きな話題になったのは、警察がどちらが犯人かを特定できず(DNA以外の証拠はなかった)無罪になったことと、この兄弟のどちらにも隣人である10歳と12歳の少女への性的暴行の前科があったことだ。

 これは、一卵性双生児がよい意味でも悪い意味でもものすごくよく似ていることを示している。なぜならまったく同じ遺伝子を共有しているから――。

 きわめてわかりやすい説明だが、そうなると次のようなケースはどう説明すればいいのだろうか。

 ドロシーとキャロルは57歳になる一卵性双生児で、身長はどちらも173センチだが、体重には27キロの差がある。40代の頃、キャロルは初期の更年期障害で体重が57キロから70キロに急増したのを機に民間療法の栄養士を訪ね、グルテンフリー(乳製品と小麦製品をいっさい摂らない)食事療法を指導されて体重は60キロまで戻った。一方のドロシーは食事制限の必要を認めず、体重は87キロまで増えた。

 姉妹のなんの変哲もない話と思うかもしれないが、じつは体重差がここまで大きく開く一卵性双生児はきわめて珍しい。身長と同じく体重の遺伝率はきわめて高いのだ。

 同様に、一卵性双生児の一方だけががんになったり、統合失調症のような精神疾患を発症することもある。いったい二人のなにがちがっているのだろうか?

 双子を研究する行動遺伝学では、個人のちがいを「遺伝」と「環境」に分け、さらに環境を「共有環境」と「非共有環境」に分割する。共有環境は家庭(子育て)のようにきょうだいを似させるちからで、非共有環境は学校や友だち関係のような独自の環境で、きょうだいを似させないようにするちからのことだ。

 一卵性双生児はDNAが同一で、共有環境は2人をさらに似させるのだから、体重や病気のちがいは非共有環境で説明するしかない。ドロシーとキャロルのケースでは、キャロルがたまたま民間療法の栄養士に感化され、ドロシーがそうでなかったことで差が生じたのだ。

 これも当たり前だと思うだろうが、しかし説明としてはじゅうぶんではない。姉妹は同一のDNAをもっているのだから、キャロルがグルテン(小麦)/ラクトース(乳製品)不耐性だとしたら、ドロシーも同じはずなのだ。ところがドロシーは小麦や乳製品に耐性があり、だからこそ自由に食べて体重を増やしたのだろう。

 じつはこれまで、行動遺伝学は非共有環境(一卵性双生児をべつべつにするちから)をうまく説明することができなかった。だがエピジェネティクスの発見によって、まったく新しい理解が可能になった。ドロシーとキャロルの遺伝子は同一でも、後天的に遺伝情報が変化しているかもしれないのだ。その結果、キャロルだけがグルテン/ラクトース不耐性になったと考えれば、姉妹の体重のちがいがすっきり説明できる。このときの「後天的な遺伝情報の変化」がエピジェネティクスだ。

 ここまでの説明で重要なのは、エピジェネティクスは「非共有環境」を説明可能にするのであって、遺伝率は変わらないということだ。体重の遺伝率70%、共有環境5%、非共有環境25%とすると、エピジェネティクスは25%の非共有環境の一部を説明するかもしれないが、そのことによって遺伝率(70%)は影響を受けない。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。