橘玲の日々刻々 2020年8月27日

「黒人は白人より学力が低い」と意識すると実際に成績が下がる
「ステレオタイプ脅威」を解消するには
相手の「ナラティブ(物語)」を変えることが重要
【橘玲の日々刻々】

 「ステレオタイプ脅威Stereotype threat」は近年の社会科学でもっとも注目されている概念のひとつで、「女は数学が苦手だ」「黒人は白人より学力が低い」などの社会的なステレオタイプ(偏見)を意識させると、それによって実際にテストの点数が下がってしまう現象をいう。

 クロード・スティールの『ステレオタイプの科学 「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか』(英治出版)は、このステレオタイプ脅威を発見したアメリカの著名な「黒人」社会心理学者が、これがどのようなことなのかを自ら説明したとても興味深い本だ。

 著者のスティールは米国科学アカデミー、米国教育アカデミー、アメリカ哲学協会、アメリカ芸術科学アカデミーの会員で、カリフォルニア大学バークレー校副学長、コロンビア大学副学長などを歴任し、現在はスタンフォード大学心理学教授を務めるアメリカを代表する「黒人」知識人だ。――ここでなぜ人種を強調するかというと、少数派(マイノリティ)であることが本書のテーマだからだ。

 原書のタイトルは“Whistling Vivaldi:How Stereotypes Affect Us and What We Can Do(ヴィヴァルディを口笛で吹く:ステレオタイプはわたしたちにどう影響し、わたしたちに何ができるのか)”。クラシックのヴィヴァルディを口笛で吹く意味については最後に述べよう。

「同じ能力のサンプルを選んだのに、なぜ結果がちがってしまうのか」

 「男子生徒といっしょに女子生徒に数学の試験を受けさせ、『女は男より論理・数学能力が劣る』という論文を読ませるなどしてステレオタイプを意識させると、それだけで点数が大きく下がる。これは、社会的な偏見によって女子生徒が数学の実力を発揮できないことを示している」

 これが「ステレオタイプ脅威」だが、この理論が広く受け入れられた背景には、「男女の数学能力に生得的なちがいはない(あってはならない)」とのリベラルなイデオロギーがある。しかしその一方で、性差の研究では、男が空間的知能(論理・数学能力)に、女が言語的知能に秀でているとの結果が繰り返し確認されており、この顕著な性差は進化論的に説明できる(広大なサバンナで狩猟する男は高い空間的知能を必要とし、集落の近くで子育てしながら集団で採集活動をした女は言語的知能が発達した)。ステレオタイプ脅威は、こうした知見を真っ向から否定するのではないか。

 だがスティールによれば、このような二項対立を考える必要はない。すくなくとも本書でスティールが述べているステレオタイプ脅威は、「本来であれば同じ結果になることがわかっている2つの集団」を比較したときに、ステレオタイプが結果にどう影響するかを調べたものだからだ。

 このことをよく示しているのが、プリンストン大学の研究者が行なった、白人と黒人の大学生に10ホールのミニチュアゴルフをさせる実験だ。このとき、「運動神経を測定する」といわれた白人学生は、そういわれなかった白人学生よりずっとスコアが悪かった(黒人学生にこの効果はなかった)。ところが、「これはスポーツ・インテリジェンスを測定する実験だ」と告げると、こんどは黒人学生のスコアが悪くなった(白人学生にこの効果はなかった)。黒人学生のスコアは、白人学生よりも平均4打以上多くなったのだ。

 なぜこんなことになるかというと、「運動神経を測定する」といわれた白人学生は「白人は黒人と比べて運動神経が鈍い」というステレオタイプ脅威にさらされ、「スポーツ・インテリジェンスを測定する」といわれた黒人学生は、「黒人は白人と比べてインテリジェンス(知能)が劣る」というステレオタイプ脅威にさらされたからだと研究者はいう。

 この実験が高い説得力をもつのは、なんの脅威にもさらされていない場合、白人学生と黒人学生のゴルフの成績にちがいがないことをあらかじめ確認しているからだ。つまり、「本来なら同じ結果になることがわかっている2つの集団」に異なるステレオタイプ脅威を与えて比較しているのだ。

 同様に、スティールがミシガン大学で女子学生へのステレオタイプ脅威を調べたときは、「数学が得意な男子学生と女子学生」を集めて実験を行なった。スタンフォード大学で黒人学生のステレオタイプ脅威を調査したときは、入学時のSAT(大学進学適性試験)で得点を標準化している。ゴルフの実験と同様に、両者の成績が同じになることが前提になっているのだ。

 このことを、スティールは次のように説明している。

 「多くの場合、数学における性差が観察されるのは、(女子学生のステレオタイプ脅威を調べた)この実験のように、同等の基礎学力とモチベーションを持つ男女間ではない。能力もモチベーションも異なる男女間で、それまで受けてきた数学教育の違い、数学への関心の違い、人生でさらされてきたスティグマの違いなどにより生じるのだ。スティグマという襟を取り外せば成績の差を縮小できるかもしれないが、それですべての原因を取り除けるとは限らない」

 ステレオタイプ脅威の実験では、同じ能力の被験者を意図的に選んでいるのだから、そこから「ふつうの男と女で数学能力にちがいはない」とか、「白人と黒人の知能には本来なんのちがいもない」などの一般則が導けるわけではない。ステレオタイプ脅威で集団間のちがいの一部を説明できるかもしれないが(その効果についてはさまざまな議論がある)、これは「同じ能力のサンプルを選んだのに、なぜ結果がちがってしまうのか」を説明する理論なのだ。

黒人学生の成績が悪いのはアメリカ社会に広範に広がっている「人種主義(黒人への差別・偏見)」のため

 教育者としてスティールが関心をもったのは、アメリカの大学で黒人学生の成績がなぜかんばしくないのかだった。黒人学生の成績不振は英語から数学、心理学まであらゆる科目に共通して見られ、「大学から医科大学院、法科大学院、経営大学院、さらには、しばしば幼稚園から高校まで、つまり教育システム全体で見られる現象だった」。

 ここで、「アメリカではアファーマティブアクションによってマイノリティの学生が優遇されており、そもそも基礎学力が低い学生が入学しているのではないか」と思うひともいるだろう。これは保守派の主張の定番で、そういうことはあるかもしれないが、スティールが問題にしているのは、SATの点数を人種別にグループ化しても、黒人学生の成績が、同じ点数グループの他の学生の成績を一貫して下回っていることだ。「黒人学生は、基礎学力が同レベルの学生と比べて、その基礎学力が大学の成績に十分反映されていなかった」のだ。

 そうなるとこれは、大学当局にとって深刻な問題になる。たんに「基礎学力の低い生徒は成績が悪い」だけなら「仕方ない」で済ませることができるかもしれないが、「同じ学力であるにもかかわらず、特定の人種グループだけ成績が悪い」ということになれば、なんらかの説明が必要だ。ことのとき真っ先に思い浮かぶのは、大学当局がぜったいに避けなければならないもの、すなわち「組織的な人種差別」だろう。

 スティールは、「アメリカ北東部にある、小規模だが名門に数えられるリベラルアーツ大学」に講師として招かれ、黒人学生が抱える問題について教職員と話し合いをしたときの体験を書いている。

 「そのミーティング中、わたしはあるものの存在を感じていた。まるで部屋の隅で炎があがっているような感覚だ。それは、人種差別とみなされる対応を取ってしまうのではないか、あるいはそうした行為を大目に見てしまうのではないかという教職員たちの強烈な不安だった。それは彼らが決して近づきたくない、焼け付くような炎だった」

 いまのアメリカのアカデミズムでは、「レイシズム(人種主義)」のレッテルを貼られることは死刑宣告されるのと同じだ。だからこそ白人の教員たちは、「黒人」の心理学者であるスティールにどうすればいいのか教えを乞うたのだ。

 ステレオタイプ脅威は、この現象をうまく説明できるように見える。アメリカ社会には黒人に対するさまざまなネガティブなステレオタイプがあり、黒人学生はそれと格闘しつつ、いつしか人種的な偏見を内面化してしまう。そうなると、予言が自己実現するように、恐れていた結果を招き寄せてしまうのだ。

 この理屈が都合がいいのは、黒人学生の成績が悪いのはアメリカ社会に広範に広がっている「人種主義(黒人への差別・偏見)」のためであり、大学当局が意図的に「人種差別」的な対応をとっているからではない、という免責を与えてくれるからだろう。だがその代償として、アメリカのアカデミズムは社会の先頭に立って「暗黙のレイシズム」と闘わなくてはならなくなった。キャンパスを席捲する「キャンセルカルチャー(レイシズムの疑いのある教員の辞任や“反動的”な知識人の講演中止=キャンセルを求める運動)などはその象徴だろう。

 だがスティールは、アメリカ社会には黒人への強い偏見=ステレオタイプがあることを指摘しつつも、だからといってステレオタイプ脅威が人種差別に直結するわけではないという。先ほどのゴルフの実験でもわかるように、白人学生も「白人は運動が苦手だ」というステレオタイプ脅威の影響を受けるからだ。ステレオタイプ脅威は状況依存的で、多数派の集団がつねに「支配階級」、少数派の集団がつねに「犠牲者」になるわけではない。

 だとすれば、なにがステレオタイプ脅威を生み出すのか? それは「アイデンティティ」だとスティールはいう。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。