息子・娘を入れたい会社2023

メタバース上に企業内大学を設立。人財育成の強化に取り組む

阪和興業

阪和興業は、鉄鋼を中心に幅広い商材を扱う独立系の商社。第9次中期経営計画では“いまを超える未知への挑戦”をテーマに持続的な成長を目指し、経常利益目標500億円を早々に達成した。今年度はメタバースを利用したユニークな企業内大学を設立、「商社は人なり」の理念に基づき、人財強化に積極的に取り組んでいる。

阪和興業
本田 恒執行役員

「当社の特徴は、独立系の商社であるということ。系列の制約やしがらみがなく、自由な発想で、柔軟に動ける強みがあります。一方で、お客さまに担当者の力量を買ってもらわないとビジネスができない側面もあり、チームワークに加え、個人の力も重要な会社だと思います」

 そう語るのは、阪和興業の本田恒執行役員だ。

 1947年の設立以来、鉄鋼をはじめとして、リサイクルメタル、プライマリーメタル、食品、エネルギー・生活資材、機械、木材などの幅広い商材を扱う商社として、業界に確固たるポジションを築いてきた。現在は2022年度を最終年度とする、第9次中期経営計画を推進している。具体的には、「ESG、SDGsに根差した経営」をベースに「経営基盤の強化」「事業戦略の発展」「投資の収益化」を図っている。

「事業戦略の発展」では、顧客への付加価値を意識した「そこか(即納・小口・加工)」戦略を展開、全国で鉄鋼商社としての機能を強化させている。海外においては“東南アジアに第二の阪和を”のキャッチフレーズの下、ASEANを中心に投資を進めている。「投資の収益化」では、EVへのシフトが急速に進む中、21年に電池チームを立ち上げて電池原料ビジネスに注力、長年培ってきたノウハウを生かし、リチウム、ニッケル、コバルトなどの調達に関して国際的なネットワーク構築を進めている。

「21年度の売上高は2兆1640億円、経常利益は627億円と過去最高益を更新しました。30年度に向けて経常利益目標を500億円に設定していましたが、その数字を先んじて達成。これまでに蒔いた種が芽を出し、着実に成果に結び付いています」(本田執行役員)

阪和興業
大阪本社
〒541-8585
大阪府大阪市中央区伏見町4-3-9
HK淀屋橋ガーデンアベニュー
東京本社
〒104-8429
東京都中央区築地1-13-1
銀座松竹スクエア
03-3544-2170
hksaiyo@hanwa.co.jp
https://www.hanwa.co.jp/
主な事業内容
鉄鋼事業、リサイクルメタル・プライマリーメタル事業、食品事業、エネルギー・生活資材事業、機械機械、木材事業ほか
創業/設立年
1947年4月1日
資本金
456億5127万6790円
売上高
2兆1640億円
従業員数
1521人(連結:5123人)
※2022年3月31日時点
2022年度採用実績
120人

※2022年11月までの情報をまとめたものです

TOP