まずは新聞業界からです。