ROE経営の先導役「伊藤レポート」の続編がまるで注目されない理由

2014年に公表された「伊藤レポート」では、上場企業が資本効率を重視する「ROE経営」への機運の高まりに大きな役割を果たした。ところが、ESG(環境・社会・ガバナンス)をはじめとする長期投資の観点から論考をまとめた報告書「伊藤レポート2.0」が今年10月終盤に新たに発表されたが、ほとんど注目されていない。その理由を探った。

続きを読む

アクセスランキング