メディアのスクープは
「リーク」が発端

 メディアの仕事をしていない方でも、最近のネット情報などでなんとなくわかると思うが、「スクープ」と「リーク」は同じ意味である。世の中に溢れるスクープや特ダネなるものは、ジャーナリストや記者が地をはうように突き止めたという側面があるのは確かだが、一方でそのような人たちに明確な目的意識をもって内部情報を流した人たちがいて、はじめて成立する。

 つまり、これらの菅側近の相次ぐスキャンダルというのも、何者かが何かしらの意図を持って、週刊誌に「リーク」をしたものなのだ。

 実際、筆者は少し前に某週刊誌でスキャンダルが報じられた言論人に関する「告発文書」を目にした。それはさながら興信所の調査報告書のような体裁で、隠し撮りされた写真や、行動が綿密に記載されていた。このような「告発文書」が週刊誌の編集部に寄せられ、取材がスタートして「スクープ」になるのだ。

 では、この「告発文書」を作ってメディアにリークをしたのは誰なのかという問題がある。その言論人は政権に批判的な発言を繰り返すことで知られている。何をか言わんやである。

 話が逸れたが、菅側近のスキャンダルがたて続けに発覚しているということは、裏を返せば、それだけ「リーク攻撃」を受けているということでもある。

 そこに加えて、今回のIR疑獄である。動いた検察庁というのは、菅氏がやはり腹心の黒川弘務・東京高検検事長を、次の検事総長にしよう根回ししていたが、河井前法相の失脚でそれがパアになったなどと囁かれている。つまり、権力闘争で菅氏の影響力が薄れた検察が、菅氏が肝いりで進めるIRへ切り込んでいるという構図なのだ。

 ゴーン事件でもわかるように、特捜部のお家芸もまた、「リーク」である。関係からの告発を元にして動き、それを元にしてストーリーを作ってマスコミに「検察関係者」として「リーク」をおこない、司法の判断の前に「人民裁判」で「推定有罪」にしてしまうという手法を得意としている。

 その力が凄まじいのは、法的には無罪だったにもかかわらず、マスコミによるダーティイメージが定着して、政治家としてのパワーを失った小沢一郎氏の例を見ればよくわかる。

 菅氏と二階氏も、小沢氏と同じような道をたどる恐れがあるのではないか。

 なぜそう思うのかというと、特捜部が今回のIR疑獄を広げていけば、年明けに設置されるカジノ管理委員会への悪影響も考えられるからだ。