秋元司衆議院議員の逮捕劇を巡って、永田町では「安倍・麻生」ラインが仕掛けたリークが発端だと噂されている。単なるデマだと笑い飛ばせないのは、最近、菅官房長官人脈への相次ぐ醜聞報道が起きているから。「安倍・麻生」vs「菅・二階」の戦いが勃発しているというのだ。(ノンフィクションライター 窪田順生)

安倍首相側近が仕掛けた!?
永田町周辺で囁かれる仰天情報

秋元司衆議院議員
秋元司議員は二階派所属。一方、「文春砲」がきっかけで辞任した河井克行前法相、菅原一秀前経産相、不倫スキャンダルの和泉洋人首相補佐官の3人は菅官房長官の側近である Photo:JIJI

 年の瀬に、またしても国民の政治不信を加速させるような醜聞が盛り上がっている。

 IR(カジノを含む統合リゾート)の担当副大臣を務めていた秋元司衆議院議員が、IRへの参入を目指していた中国企業から数百万のカネを受け取って便宜を図った疑いで、東京地検特捜部に逮捕されたのだ。

 IRと聞くと一般的には、自治体の誘致レースが盛り上がっている印象だろうが、実は水面下ではIR企業による”政界工作”もかなりヒートアップしている。大阪や横浜を見れば一目瞭然だが、日本のIR誘致で最後にものを言うのは政治力だということを、海外のIRプレイヤーたちもよくわかっているからだ。

 秋元議員は、IR担当副大臣に就任する以前からIR議連のメンバーという筋金入りの「カジノ推進派」。そこに加えて、「カジノ利権」という文脈で頻繁に名が出る二階俊博自民党幹事長率いる志師会に属している。IR参入企業のアプローチリストの上位に名を連ねていることは間違いない。

 という話を聞くと、「ぜひそのあたりを徹底的に捜査して、カジノ利権を白日のもとにさらすべきだ!」と鼻息荒く特捜部にエールを贈る方も多いだろうが、魑魅魍魎が巣食う永田町では、そういう素直な見方とかなり異なる、耳を疑うような仰天情報も流れている。

 今回のカジノ疑獄は、実は安倍首相側近が仕掛けたもので秋元議員はハメられた、というのだ。

「は?バカも休み休み言え!年明けの国会で任命責任だなんだと野党からやいのやいのとたたかれるのは首相本人なのに、そんな自殺行為をする側近などいるわけないだろ」と呆れる方も多いことだろうが、この「風説」の中身を詳細に聞いてみると、それなりに納得できる理由がある。