Spiral Ventures Japan シニアアソシエイト 立石美帆

■2019年の振り返り

 D2C領域での各ブランドが続々と立ち上がったこと、個人の働き方及び企業側の意識変化によるHR領域での各種サービス(採用、エンゲージメント、労務管理と幅広く)、決済関連サービスの注目が印象的でした。

■2020年のトレンド予測

 大きなトレンドの存在は感じていませんが、特に以下の領域に注目しています。

(1)前述の2019年の盛り上がりにも記載した、個人の働き方、組織のあり方の変化もあり、業務効率化に繋がるRPAツールの普及には大きく期待しています。特定の小規模業務での利用が進むとともにノウハウを蓄積し、対象となる業務が広がることを期待しています。

(2)D2C領域で各ブランドが続々と登場し、立ち上がり始めていますが、海外での先行事例並みの成長を遂げるには、真の意味でユーザーファーストな商品開発をシステマチックに行える体制整備、またD2Cと括られずに戦えるブランドを構築する必要があり、徐々に淘汰されていくのではないかと思います。

(3)(領域というわけではありませんが)個人的に来年は特に、圧倒的競争力となるオペレーションに強みのあるサービスに投資をしたいと思っています。その観点では、モノの流れの効率化に関わるサービス(特にMaaS領域に関わるデータ、分析機能を有するもの)にも幅広く注目しています。

エンジェル投資家 金靖征

■2019年の振り返り

 SaaS、D2C領域の事業が台頭した。SaaSにおいては、「識学」や「B→Dash」等、CMを利用した認知拡大が可能となり、急加速した。

 D2C領域においては、ファッションアイテムに相性の良いInstaglamハックの代表例「17kg」、サブスクライブ商品のウェブ広告ハックの代表例「バルクオム」が頭角を表した。

 SaaS、D2C共に、成功事例から他プロダクトへの応用がしやすいため、上記テーマでの起業事例が爆増した。

■2020年のトレンド予測

 まず、シード投資家として、起業テーマの数の盛り上がりを感じるのは、グロース再現性が高く、かつ同領域に勝者が多く出るような領域。自分の場合、若手起業家からの相談が多いため、特にこのような事業体の相談が多い。この観点で見た時に、2020年さらに増えそうな起業は、メルカリの領域特化版(例:モノカブ)、マッチングアプリの各ユーザー層、ユースケース特化版、広義でのクラウドソーシングの領域特化版、M&A、各産業のDX。

 この辺りは、手堅く再現性を持って一定の規模を目指す起業として、成功事例または立ち上げ事例が生まれてきそう。

 ホームラン案件としては、US、日本共にスマートフォン向けサービス等は激減している(USで開催されたTechCrunchのイベントで、ある産業の技術知見または機械学習等の技術を用いない、ピュアなスマートフォン、PC向けサービスはほぼ0だった)。注目しているマーケットとしては、ヘルスケア、宇宙、レイヤーは異なるがAI。ヘルスケアマーケットは、USではすでに顕著に伸びている。AIに関してはヘルスケアにも多く利用されているが、インターネット革命の次はデータ革命であるので、広義でのデータアセット企業はネット企業が著しく増加したように増加していくと予想。

 宇宙マーケットは、SpaceXの台頭等により、衛星打ち上げコストが減少し、コスト問題で取り扱えなかった課題の解決が進む。

Full Commit Partners 代表パートナー 山田優大

■2019年の振り返り

 SaaSの調達ラッシュ、それに伴うバリュエーション高騰を感じた1年でした。一方、D2Cも多く起業されており、当ファンドからも3社出資しましたが、SaaSと比べて上場例が少なく、プレイヤーの多さ、差別化の観点から、企業価値の設定が難しいと判断されることが多かったように感じます。また個人的には一次産業をずっと追っており、日本農業やビビッドガーデンの事業会社からの調達/事業提携は勝手に盛り上がっていました。

■2020年のトレンド予測

 2点挙げます。1つ目は、D2C領域の成熟化と共に、ブランドのM&Aや逆にD2C企業を支える「つるはし」的な役割を担う企業が台頭してくるように思います。D2C企業はSaaSと比べて、商材によっては利益を生みやすく、例えばEC領域における上場会社・北の達人コーポレーションは、健康食品やコスメ領域において利益率20%を維持しながら圧倒的な成長を遂げています。

 より顧客との距離が近くなっている現代において、新しい顧客理解とコミュニケーション、そして緻密なKPI設定やマーケティング法則の再現性発掘により、D2C領域がSaaSのように説明可能な領域になっていくと思っています、少なくとも私自身がそういう動きをしたいと思っています。

 2つ目は、製造業や建設業、一次産業におけるITの浸透加速がより進むと思います。「CADDi」の目覚ましい進捗や、「Photoruction」が様々なアクセラレーションプログラムにおいて大企業との連携を進めているのを見ながら、時代がようやくこの領域の変革に追いついてきたという実感を得ています。投資先のウーオでも2019年は大きく事業開発分野が進捗し、新しい物流網の構築や、水産卸売業者・仲卸業者との提携などが実現。何よりITに対する既存産業の理解が加速度的に進んできた実感を持っています。まさにIT武装した日本の新たな既存産業の可能性が広がる時代が、すぐそばに来ているように感じています。