総予測2020StartUp(2)
Photo:mikroman6/gettyimages

スタートアップを取り巻く環境が大きく変化した2019年。それでは2020年は一体どんな年になるのだろうか。昨日に引き続き、ベンチャーキャピタリスト・エンジェル投資家に聞いたアンケートを公開する。(ダイヤモンド編集部副編集長 岩本有平)

 昨日に引き続き掲載する本企画は、国内を中心にスタートアップ投資を行うベンチャーキャピタリストをはじめ、週刊ダイヤモンド2019年4月6日号の特集「スタートアップ4.0」の企画にご協力いただいたエンジェル投資家らにアンケートを実施して、その結果をとりまとめたものだ。

 アンケートの内容は「2019年のスタートアップシーンで盛り上がったと感じる領域や、具体的なプロダクトについて教えてください(200文字以内)」「2020年に盛り上がりが予想される領域やプロダクトについて教えてください(600文字以内)」の2点。エンジェル投資家は個人、ベンチャーキャピタルは最大1社2名まで回答可能として、50人から回答を得たものを、回答順にご紹介する(敬称略)。なお、なおキャピタリストは通常、担当領域が決まっている。それぞれの回答が必ずしもそのVC全体を代表する意見ではないことはご了承いただきたい(前編はこちら)。

LayerX 代表取締役社長/エンジェル投資家 福島良典

■2019年の振り返り

 スタートアップというわけでもありませんが、ZによるZOZOの買収、ZとLINEの統合に見られる、コンシューマーウェブ領域の競争構造に根本変化が起こりました。PayPayのぶっ込みにより、普及しないしないと言われたQR決済もいよいよ普及し始め、競争の構造が根本的に変わりました。大型調達も五常・アンド・カンパニーOLTAキャディなど、従来のスタートアップの感覚とは違う会社が目立った1年だったと思います。

■2020年のトレンド予測

 FinTech、ブロックチェーン、大きな産業×ソフトウェア。ここがビッグトレンドだと思ってます。中国ではテンセントが金融領域で利益を出し始め、中国平安保険の傘下で機械学習・ブロックチェーンを提供するOneConnectの上場申請により、数値感なども出てきました。

 またPalantir TechnologiesもいよいよSOMPOホールディングスとの合弁という形で日本に上陸します。日本でもカンム、OLTA、五常・アンド・カンパニー、クラウドポートあたりのトラクションは相当であると感じており、いよいよ本丸である重い産業のソフトウェア化が着実に進む1年になるかと思います。もちろん2020年に目に見える形で利益を出すというよりは、この年でだいたい主要なプレイヤーは出揃ってたんだね、みたいな1年になるのかなと思います。

エンジェル投資家 杉山全功

■2019年の振り返り

 Saas、サブスク、D2C型ビジネスモデルを中心として、従来のスタートアップにはあまり見られない大型の資金調達が目立った印象があります。

 ただ、今年前半と後半では投資家のバリュエーションに対する見方が急激に様変わりしてきていると感じてます。

 実際、今年後半くらいからIPOした企業の初値割れが散見される事や、抑制され始めた公募価格の設定などはその表れなのでしょう。

■2020年のトレンド予測

 抑制され始めたバリュエーションではありますが、ファンドへの資金の流入やレガシー企業のベンチャー企業への投資熱は冷める事なく引き続き続くと思います。

 その結果起きる事は当たり前の事ですが投資先の選別であり、資金が集まる企業とそうでない企業の二極化が今まで以上に鮮明になると同時に、所謂レガシー企業との連携の成否がベンチャーにとっての重要な鍵になるとみています。

 個人的に注目している分野としては、人手不足を補う領域のHRtech系、AIやブロックチェーン技術等を活用したより具体的なサービス、ヘルスケアなどなど。