ブリリアンクリプト(仮想通貨BRIL)とは?IEOの概要や将来性を徹底解説!

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)は、株式会社Brilliantcryptoが手がけるブロックチェーンゲームである。

このゲームは、宝石(ゲーム内で”宝石”と呼ばれるNFT。以下同じ)の生成を通じて、持続可能なPlay to Earnゲームの構築を目指している。

プレイヤーは採掘者として宝石やトークンなどの獲得を目指す。「Proof of Gaming」という革新的な仕組みにより、ゲームを通じてデジタル世界における宝石の価値を証明する。

ゲーム内で利用されるトークン(ブリリアンクリプトトークン)に関しては、大手仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックと株式会社Brilliantcryptoとの間でIEO(Initial Exchange Offering)に向けた契約が結ばれている。

この記事では、ブリリアンクリプトの特徴、始め方・遊び方、将来性などについて詳しく解説する。

この記事の要点
  • ブリリアンクリプトは、株式会社Brilliantcryptoが開発するブロックチェーンゲームである
  • ブリリアンクリプトで使用される通貨が仮想通貨BRIL(ブリリアンクリプトトークン)
  • Proof of Gamingという革新的な仕組みをゲーム内に導入している
  • ゲーム内トークンは、国内大手取引所のコインチェックでIEO開始
  • IEO申し込みからわずか13分で目標金額達成
  • 上場寄り直後の最高値は公募価格4.6倍を記録
  • 仮想通貨取引を始めるなら、国内大手取引所のコインチェックが利用できる

「仮想通貨に興味があるけど、どこで始めればいいかわからない」という方もおられるだろう。取扱銘柄が多い取引所として知られるコインチェックなら、初めてでも安心のワンコイン・500円からビットコインを購入できる。

また、コインチェックでは2ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEOを実施した取引所でもあり、2024年6月17日から取り扱いをスタートしている。

コインチェックの公式サイト
出典 コインチェックの公式サイト

ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみてほしい。

目次

ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場し最高値は公募価格4.6倍の99.6円を達成

ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場し最高値は公募価格4.6倍の99.6円を達成
コインチェック公式サイト

国内大手暗号資産取引所のコインチェックが、2024年6月17日12時にIEO第三弾「ブリリアンクリプト(BRIL)」を上場し、初日の取引がスタートした。

IEOの申し込み倍率は22.04倍となり、総額333億円の申し込みがあり、国内IEOでの最高額を更新している。

ブリリアンクリプト(BRIL)は、上場企業コロプラの完全子会社が開発した、鉱山を採掘してデジタル宝石を探すブロックチェーンゲーム『Brilliantcrypto』内で使用できるユーティリティトークンだ。

『Brilliantcrypto』では、ゲーム内のマーケットプレイスでつるはし(NFT)を購入し、鉱山を掘ることで宝石(NFT)やトークンに交換できる輝石を得ることができる。

BRILの公募価格は21.6円であった。指定された時間に取引が開始されたが、すぐに取引が成立せず、一部のみ約定し、値幅制限のサーキットブレイクが発動して急上昇した。

その後、安定した取引が始まった時は76.6円の価格を付け、一時は公募価格の4.61倍となる99.66円まで上昇した。

BRIL価格動向
出典:コインチェック

ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみてほしい。

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)とは?

名称 ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)
ジャンル ブロックチェーンゲーム
リリース日 2024年6月17日
ガバナンストークン BRIL
BRILの価格* 43.5円
開発元 株式会社Brilliantcrypto
公式サイト ブリリアンクリプト
*2024年6月19日時点

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)は、株式会社Brilliantcryptoが開発するブロックチェーンゲームである。白猫プロジェクトなどのゲーム開発で有名なコロプラグループのゲームノウハウを活用し、持続可能なPlay to Earnゲームの実現を目指している。

Proof of Gamingという革新的な仕組みをゲーム内に導入し、ゲームを通じてデジタル世界における宝石の価値を証明する。

2024年6月17日に正式リリースとなっている。

また、ゲーム内で利用されるトークンは、2023年7月、大手仮想通貨取引所コインチェックと株式会社Brilliantcryptoとの間でIEO(Initial Exchange Offering)に向けた契約が結ばれた。

なお、2024年5月27日からブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO申し込みが開始され、2024年6月17日には正式リリースに加えコインチェックの販売所での取り扱いが開始されている。

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)の特徴

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)は、株式会社Brilliantcryptoが開発するブロックチェーンゲームである。

ここからは、そんなブリリアンクリプトの特徴について詳しく見ていこう。

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)の特徴
  • 持続可能なPlay to Earnゲームの実現を目指している
  • Proof of Gamingを導入

ブリリアンクリプトには、主に次のような特徴がある。

持続可能なPlay to Earnゲームの実現を目指している

ブリリアンクリプトでは、ブロックチェーン技術によってNFT(Non-Fungible Token)を作成することにより、デジタル世界で価値を持つ宝石を作り出している。

NFTは、ブロックチェーン技術に基づいて作られる唯一無二のデジタル資産のことで、ゲーム内で入手したり、マーケットで売買したり、他のプレイヤーと交換したりすることができる。

プレイヤーは採掘者として、宝石やアイテムなどの採掘を行う。採掘した宝石はゲーム内のマーケットプレイスで取引できる。

ブリリアンクリプトは、このようなPlay to Earnゲームとしての機能を提供することで、持続可能なPlay to Earnゲームの実現を目指している。

Proof of Gamingを導入

ブリリアンクリプトは、「Proof of Gaming」という仕組みを導入している。この仕組みは、ビットコインの「Proof of Work」からヒントを得ている。

「Proof of Work」とは、仮想通貨のマイニングにおけるコンセンサスアルゴリズムの一つで、取引データの正しさについて合意を得るプロセスのことである。

Proof of Workでは、ノード(コンピュータ)が複雑な計算問題を解くことで新しいブロックを生成し、その正当性を証明することで報酬を得ることができる。

一方、Proof of Gamingでは、プレイヤーが長時間にわたるゲーム活動を通じて宝石を採掘する。この採掘活動が「Proof of Gaming」の証明となる。

採掘活動を証明することにより、採掘者は宝石やトークンを獲得することができる。

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)の始め方・遊び方

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)は、Proof of Gamingという仕組みを導入したブロックチェーンゲームである。

ここからはブリリアンクリプトの遊び方について詳しく見ていこう。

ゲームの流れは以下の通りである。

ゲームの流れ
  • 宝石の採掘
  • 報酬の獲得
  • ゲームの進行

宝石の採掘

プレイヤーは、採掘者として鉱山を掘り進め、宝石を採掘する。鉱山での採掘にあたり、探知機やライトといった、その場に適したツールを使いこなし採掘を行う。

報酬の獲得

採掘に成功すると、宝石やトークンを獲得することができる。これらはゲーム内のマーケットプレイスで取引することが可能だ。

ゲームの進行

プレイヤーは、新たな宝石を求めゲームを進行させる。その過程で様々なタスクを完了する。このタスクには、新しい地域の探索、新しいツールの取得、他のプレイヤーとの交流などが含まれる。

仮想通貨は、価格変動が激しいことで知られている。そのため、適切なタイミングで取引することが重要だ。

大手仮想通貨取引所のコインチェックは、アプリやサイトのデザインがシンプルで見やすく、操作性が高いため、相場状況を簡単にチェックできる。

また、2024年6月17日から取り扱いも開始されているので、ブリリアンクリプトを始めるのに必須の取引所とも言えるだろう。

コインチェックの公式サイト
出典 コインチェックの公式サイト

まだ口座をお持ちでないという方は、この機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみてほしい。

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)の将来性

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)は、デジタル世界における宝石をNFT化することにより、デジタル世界で価値を持つ宝石を作り出している。ここからは、そんなブリリアンクリプトの将来性を考察してみよう。

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)の将来性
  • 東証プライムの上場企業であるコロプラを親会社に持つ
  • パリ・サンジェルマンとのパートナーシップ契約

東証プライムの上場企業であるコロプラを親会社に持つ

ブリリアンクリプトは、株式会社Brilliantcryptoが手がけるブロックチェーンゲームである。株式会社Brilliantcryptoの親会社は、東証プライムに上場している株式会社コロプラである。

親会社が上場企業であることは、その企業が一定の規模と信頼性を持っていることを示している。これは投資家やユーザーに対する信頼性を高め、ブランドイメージの向上につながる。

また、上場企業は厳格な法令遵守とコーポレートガバナンスが求められるため、企業の透明性が確保され、不正行為のリスクが低減される。

これはブロックチェーンゲームの運営においても重要な要素である。このように、ブリリアンクリプトの運営が株式会社コロプラの下で行われていることは、信頼性、透明性といった面で大きなメリットをもたらす。

過度な売り圧力リスクを緩和するコミュニティファーストの姿勢

BRILの場合、IEO販売分を除くと93%が発行者によって保有されているが、総発行量の70%はゲーム報酬に充てられている。

以下は、過去にコインチェックでIEOが実施された各トークンの販売総数と総発行数を示したものだ。

トークン BRIL FNCT PLT
販売総数
/総発行数
0.7億枚/10億枚 26億枚/200億枚 2.3億枚/10億枚

他の多くの分散型プロジェクトでは、コアチームや初期投資家にトークンの過半数が割り当てられることが多く、その結果として売り圧力が懸念されることが多い。

一方、Brilliantcryptoはコミュニティを重視する姿勢を示している。 また、開発やマーケティングに使用されるBRILはロックアップされ、計画的にリリースされる方針だ。

これにより、トークンの供給量を調整し、過度な売り圧力のリスクを低減させることが可能だ。さらに、Coincheck IEOの報酬が日本円で支払われる点も、懸念材料を減らす要素となっている。

パリ・サンジェルマンとのパートナーシップ契約

ブリリアンクリプトの世界展開を考える上で重要なことは、ゲームの認知度を世界的に高めることである。日本国内では、コロプラの子会社が運営していることもあり、比較的容易に認知度を高められる環境にあるが、世界を相手にする場合、認知度の向上は容易なことではない。

そんな中、ブリリアンクリプトがパリ・サンジェルマンとのパートナーシップ契約を結んでいることは、海外での認知度向上に大きな影響をもたらす。

パリ・サンジェルマンは、世界的に知名度と人気があるサッカークラブである。そのため、このパートナーシップは、ブリリアンクリプトの認知度を大幅に向上させる可能性がある。

また、この契約はブリリアンクリプトが新しいマーケティング戦略を探求していることを示している。これはブロックチェーンゲームの市場が市場として競争力を持ちつつある中で、ブリリアンクリプトが差別化を図るための手段となる。

仮想通貨BRIL(ブリリアンクリプトトークン)の価格動向

仮想通貨BRIL(ブリリアンクリプトトークン)は、2024年6月17日に国内取引所のコインチェックで取り扱いが開始されている

以下はそんなBRILの価格推移だ。

仮想通貨BRIL(ブリリアンクリプトトークン)の価格動向
出典:コインチェック

仮想通貨BRIL(ブリリアンクリプトトークン)は、コインチェックでの上場が開始されてすぐに約99円台まで上昇した。

IEOでの公募価格が20円ほどであったため、約5倍近くの上昇を決めた形だ。

上場直後は売りが集中し下落したが、6月19日まではレンジ相場で安定している。

現在の価格は42円台と、まだ公募価格を大きく上回っていることから、注目・期待値ともに高い通貨であると言えるだろう。

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)の注意点/リスク

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)は、東証プライム上場企業である株式会社コロプラを親会社に持ち、信頼性、透明性が高いが、一方で注意点やリスクも存在している。

ここからは、そんなブリリアンクリプトの注意点やリスクについて詳しく解説する。

正式リリースされて間もない

ブリリアンクリプトは、パソコン版、モバイル版含め、まだ正式リリースされて間もない。2024年6月17日に正式なリリースとなったばかりだ。

今後不具合やセキュリティの脆弱性などが発見される可能性があるため、将来的な不確実性となる。また、ブロックチェーン技術自体がまだ新しい領域であり、その応用には多くの課題が伴う可能性がある。

特に、Proof of Gamingのような新しいコンセプトは、理論的には有望でも実際の運用では予期しない問題が生じる可能性がある。

さらに、ブロックチェーンゲームの普及が進むことも大きな課題である。ブロックチェーンゲームはまだ新しいジャンルであり、その普及と成長には世界中のユーザーの理解と受け入れが必要である。

各国の規制への対応

ブリリアンクリプトは、親会社が東証プライムの上場企業であることから、ゲームは法令を遵守した内容になるとしている。

しかし、ブロックチェーン技術や仮想通貨に関する法律は国や地域によって異なる。また、急速な変化に対応することが求められる。

さらに、成熟していないブロックチェーン技術を使用したゲーム開発において、世界各国の目まぐるしく進む規制の変化に、一企業としてどのように対応できるかは未知数である。

ブリリアンクリプトをはじめる際は、これらのリスクを考慮した上でゲームを始めてほしい。

ブリリアンクリプト(Brilliantcrypto)のまとめ

ブリリアンクリプトでは、ブロックチェーン技術によってNFT(Non-Fungible Token)を作成することにより、デジタル世界で価値を持つ宝石を作り出そうとしている。

ブリリアンクリプトは、「Proof of Gaming」という仕組みを導入している。この仕組みは、ビットコインの「Proof of Work」からヒントを得ている。

ブリリアンクリプトは、株式会社Brilliantcryptoが手がけるブロックチェーンゲームであるが、その親会社が東証プライムに上場している株式会社コロプラであることは、投資家やユーザーに対する信頼性を高め、ブランドイメージを向上させている。

ブリリアンクリプトがパリ・サンジェルマンとのパートナーシップ契約を結んでいることにより、ブリリアンクリプトの認知度を世界的に向上させる可能性がある。

この記事のまとめ
  • ブリリアンクリプトは、持続可能なPlay to Earnゲームの実現を目指している
  • 2024年6月17日に正式リリース
  • Proof of Gamingは、プレイヤーの長時間にわたるゲーム活動が証明となる仕組みである
  • 2024年6月17日からコインチェックでの取り扱いが開始された

ブリリアンクリプトの独自トークンは、2024年5月27日から国内大手取引所コインチェックでIEOが実施されており、2024年6月17日には正式リリースとなっている。

コインチェック公式サイト
出典 コインチェック公式サイト

この機会にコインチェック公式サイトをチェックしてみてほしい。

  • URLをコピーしました!
目次