ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
陳言の選り抜き中国情報

中国にとってトランプの自国優先は「我が意を得たり」

陳言 [在北京ジャーナリスト]
2016年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
中国でもエリート層と庶民の間ではトランプに対する評価は分かれている  Photo:AP/AFLO

 東京でいうと六本木にあたる北京三里屯。アメリカ大統領選の5ヵ月前に、ワシントンから意見交流のため北京にやってきた学者は、多くの聴衆を前に、「民主主義制度の力を信じていただきたい」と強く求めた。

 「トランプはとんでもない馬鹿者だ。アメリカでは確かに彼に関する多くの報道がなされているが、それはアメリカ人に、あの人はいかに馬鹿げているかを知らせているだけだ」と、ワシントンから来た学者は断じた。

 トランプはあれほど中国を罵っていいるのに、なぜか中国の市民の中では人気がある。アメリカ人学者の言葉は、中国のエリート外交官、国際問題の専門家には物凄い共鳴を呼んだ一方で、一般市民、市民の読む夕刊紙は、トランプは面白い人物であり、このような人がアメリカ大統領になったら、常にイデオロギーで中国と対抗してきた今までのアメリカ大統領とは一味違うのではと、淡い期待を抱いている。

 アメリカ人学者が馬鹿げた奴とこき下ろした人物が、11月9日に次期大統領になることが決まった。それによって中米関係もどう変化していくのか、これからの4年間はまったく予測できなくなっている。

ブラックスワンが
世界各地に舞い降りる

 反主流、アンチ・グローバリゼーションは、世界各地で大きな潮流となっている。

 失言というより暴言が、機関銃のようにトランプ候補の口から出ていた。彼が移民や外国人を差別するなら、アメリカにいる中国人も決してよい待遇を受けるはずがないと思われるのだが、外部に敵を作り激しく攻撃すること自体は、中国の都市部にいる住民にとって、イデオロギーなど高尚な話より分かりやすい。発展の置き去りにされているという不満を、どこかにぶつけたいという思いは、今や世界各地で共通している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

陳言 [在北京ジャーナリスト]

1982年南京大学卒。『経済日報』に勤務してから、1989年に東京大学新聞研究所、慶応大学経済学研究科に留学、博士課程終了、萩国際大学教授。2003年に帰国。月刊『経済』主筆。2010年から日本企業(中国)研究院を設立、執行院長。ダイヤモンドオンライン、『週刊東洋経済』『アエラ』『中国経済週刊』『中国経営報』などのメディアに数多くの記事を掲載。2015年日本語日刊紙『速読中国』を創刊して編集長を兼任。


陳言の選り抜き中国情報

世界第2位の経済大国になった中国は、依然として猛烈なスピードで変化している。一方、中国にはウェブ系も含めると、何千というメディアが存在し、情報が溢れかえっている。北京在住の経済ジャーナリスト・陳言氏が玉石混交の情報の中から、中国の対外関係、多国籍企業、技術革新、中国の経済政策など日本経済や日本企業に影響を及ぼす情報を選りすぐり解説する。そこからは日本のメディアが伝える中国とは、違った姿が見えてくる。

「陳言の選り抜き中国情報」

⇒バックナンバー一覧