ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

成功体験のない若者と、
成功体験に酔いしれる団塊世代
両者の共存の模索が日本社会の課題だ
――“amadana(アマダナ)”の
リアル・フリート会長 小寺圭氏【後編】

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第2回・後編】 2011年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
サウンドのクオリティはもちろん、装着感にもこだわったアマダナのイヤホン
www.amadana.com

前回に引き続き、リアル・フリート会長の小寺圭氏のインタビューをお送りする。過去の成功体験に酔いしれる団塊の世代と、成功体験を持たないバブル以降の若者――この極端な二者の不調和が今、企業の停滞を招いている。打開するカギは何なのか?小寺氏(65歳)と、代表取締役社長・熊本浩志氏(35歳)のタッグにヒントがありそうだ。

個人も、国際競争力がないと
豊かさを手に入れることができない時代に

こでら・けい
1946年生まれ。ソニー株式会社において中近東、アジア、ヨーロッパに駐在しマーケティングに関する要職を歴任後、ソニーマーケティング株式会社社長、ソニー・チャイナ会長を経て、2006年より2008年まで日本トイザらス社長兼会長を歴任。2010年12月より現職

南 日本は少子化が進行中ですし、国内成長の道はすでに絶たれているのですよね。事実、海外で稼ぐしかないと私は思います。小寺会長はどのようにお考えでしょうか?

小寺 政治家もずるくて、「今は経済が低下していますが…」と、何だかまたいつか景気が上がっていくかのようなコメントをします。しかし、もう日本に経済を上昇させる波なんて来ませんよ。人口が減る国、さらに労働年齢人口が下がっている国で、栄えた国なんて世界的に見ても無いです。

 だから、自分たちが暮らしをよくしようと思ったら、もう外国に出て行くしかない。出て行きたくないというのも価値観としてはいいと思います。でもそれは、坂を転げ落ちていくだけだということは覚えておいてほしいですね。

南 そこは労働者の市場価値にもリンクしてくと思います。これからのビジネスパーソンが自分の市場価値を上げていくには、もう世界との接点がないとだめだということですよね。

小寺 要するに競争が国際化しているわけですから、必然的に個人レベルでも国際競争力がないと求められないのは必然的ですよね。さらに今までは会社・企業単位でしたが、これからは個人の時代です。競争力のない個人は自分の生活をよくすることは望めません。

南 でもこの変化にどうやって対応していけばいいのか分からないものです。一体、どうすればいいのでしょうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧