ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

「スキャンダラスなパンティ(?)」を生み出した
ライバルの女性デザイナー

北 康利 [作家]
【第38回】 2016年12月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

涙ぐましい販売現場の努力

 昭和20年代は、洋装していてもブラジャーをせず、ブラウスの下で乳房が躍っている女性を多く見かけたという。昭和30年(1955年)9月に創刊した『ワコールニュース』創刊号の中で、幸一はこう語って嘆いている。

1955年9月に出た「ワコールニュース」創刊号

 〈文明の進化は知らず知らず我々の生活を不規則化し、不健康化しています。我々はつとめて胸を張り、内臓を正常な位置に置く事もこの下着の着用によって出来るわけです。然し私共が如何に声を大にして下着の重要性をとなえても現在の普及の程度は未だ未だほんの一部の人々のご使用を願つている程度で、之を本当に全国的に全婦人を対象に啓蒙して行く事は正しい知識を土台として長い年月と間断なきPRが大切と存じます。その意味からワコールニュースがその一翼を担う事が出来ればと、この様な希いのもとに此の度発刊を決意致しました〉

 幸一たちの啓蒙活動の甲斐あって、洋装にブラジャーが一般的になっていき、ズロースに代わって短く小さめのショーツをはくようになっていく。そしてファンデーションの売り上げが飛躍的に増えていく中、多忙を極めたのが販売部隊であった。

 幸一の八幡商業の同級生でバイタリティの塊のような男だった川口郁雄をして、販売の面で一目置かさせていたのが奥忠三だが、大阪出張所を任されていた奥は、関西地区の販売の要として大車輪の大活躍を見せていた。

 大阪の夏は暑い。大阪出張所は大阪の洋品雑貨の問屋街として有名な南久宝寺町1丁目の久宝寺町卸連合会館内にあったが、三方が建物に囲まれてトタン屋根という構造だったから蒸し風呂状態である。

 それでもいつ来客があるかわからない。そこで奥は、下半身は暑いのでステテコ姿になっていたが、上半身だけはワイシャツに蝶ネクタイで頑張っていた。

 表に売り場があり、来客があると事務所に連絡が入る。

 するとさっとズボンをはくというわけだ。だがそんな暑い事務所に通された客は、閉口してすぐ退散したにちがいない。

次のページ>> 製造工場の拡大
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北 康利 [作家]

きた・やすとし/昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。松下政経塾講師。著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞)、『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』、『吉田茂ポピュリズムに背を向けて』(以上、講談社)、『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』(新潮社)、『西郷隆盛命もいらず、名もいらず』(WAC)、『松下幸之助 経営の神様とよばれた男』(PHP研究所)などがある。最新刊は『佐治敬三と開高健最強のふたり』(講談社)。


ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

ブラジャー。この華やかな商品に一生を捧げた男がいた。戦後京都を代表するベンチャー企業「ワコール」を創業した塚本幸一である。インパール作戦の生き残りという壮絶な戦争体験を持つ彼は、いかにして女性用下着に出会い、その未開市場を開拓していったのか。ベンチャースピリット溢れるその豪快華麗な生涯を、いま最も注目される評伝作家・北康利が描きだす!

「ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一」

⇒バックナンバー一覧