ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

“ブラジャーの神様”をスカウト

北 康利 [作家]
【第39回】 2017年1月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

技術研究部門の充実を目指して

 鴨居羊子のスキャンティと同時期、“紙パンティ”なるものも発売された。

 色の異なる7枚の紙パンティが入っていて当時200円。木村屋のあんパンが20個買える値段である。

 青木信光という人が発明者だった。当時は生理用品がよくないため、しばしばパンティが捨てられてトイレ詰まりの原因となっていたところから着想したのだが、使い捨てというのは当時の日本人には贅沢すぎる。これも一時的流行にすぎなかった。

 時代のあだ花が登場する中、幸一は王道を歩むことの大切さを余計に意識し始める。それは徹底的に品質にこだわることだった。

 そして彼の視線の先にあったライバルは、スキャンティでも紙パンティでもなく、あくまでも欧米の下着メーカーであった。

 (戦争には負けたかもしれんが、商売では絶対に負けられへん!)

 それが彼の意地であった。意地や勝負度胸では、だれにも負けない自信はあったが、一方で、目の前にもっとも手ごわい敵が立ちはだかっていることを感じていた。それは自分自身であった。

 話は下着ブームの少し前にさかのぼる。

 幸一は和江商事の基礎研究や新商品開発力に内心不安を抱いていた。

 〈知らぬ者が知らない商品を作って、知らぬ人に売るようなやり方。いつかあかんようになる〉(『ワコール50年史“ひと”』)

 幸一は当時の日記にその苦悩のほどを書き残しているのだ。

 そんな時、一人の男との出会いがあった。鐘淵紡績(通称鐘紡、後のカネボウ)に勤めながら京都女子大学で服飾史や服飾美学の講義をしていた玉川長一郎である。幸一より6歳年長だった。

 戦前の鐘紡は、慶應義塾で福澤諭吉の薫陶を受けた武藤山治が社長を務め、一時は繊維ブームに乗って売上高日本一に輝いたわが国を代表する企業である。空襲で国内工場のほとんどを失ったとはいえ、名門企業であることは間違いない。

 その鐘紡は戦後、下着に力を入れはじめていた。和江商事にとっての強力なライバルになる可能性も秘めていたのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北 康利 [作家]

きた・やすとし/昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。松下政経塾講師。著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞)、『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』、『吉田茂ポピュリズムに背を向けて』(以上、講談社)、『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』(新潮社)、『西郷隆盛命もいらず、名もいらず』(WAC)、『松下幸之助 経営の神様とよばれた男』(PHP研究所)などがある。最新刊は『佐治敬三と開高健最強のふたり』(講談社)。


ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

ブラジャー。この華やかな商品に一生を捧げた男がいた。戦後京都を代表するベンチャー企業「ワコール」を創業した塚本幸一である。インパール作戦の生き残りという壮絶な戦争体験を持つ彼は、いかにして女性用下着に出会い、その未開市場を開拓していったのか。ベンチャースピリット溢れるその豪快華麗な生涯を、いま最も注目される評伝作家・北康利が描きだす!

「ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一」

⇒バックナンバー一覧