HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

THINK!来月の健康

ゆるやかな糖質制限食「ロカボ」で健康的に痩せられる理由

西田佐保子 [ライター]
【第1回】

今年こそはダイエットを! そう誓いながらも、ビールやから揚げ、ケーキの誘惑に負け、新年早々に挫折してしまう――、そのような経験はありませんか。「お酒も揚げ物もスイーツも食べて大丈夫」。そう話すのは、ゆるやかな糖質制限食「ロカボ」を提唱する北里大学北里研究所病院糖尿病センター内分泌・代謝内科センター長の山田悟さんです。おいしく痩せて健康になるロカボについて山田さんに聞きました。

ダイエットだけじゃないロカボの効果

「ロカボ」で正月太りを解消!

 糖質制限という言葉を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。私の提唱するゆるやかな糖質制限食「ロカボ」は、英語で低糖質の意味を持つ「ロー・カーボハイドレート(Low Carbohydrate)」の略称です。毎日の食事から糖質を抑え、たんぱく質、脂質などを満腹感が得られるまで食べて、無理せず、おいしく、ダイエットできる食事法です。

 2012年、国際肥満学会(ICO)の機関紙『Obesity Reviews』に掲載された、最も信頼性の高い研究試験法である無作為比較試験のメタ解析(複数の研究を統計的に分析する手法)の結果によると、糖質制限食は体重減量だけでなく、脂質、血糖、血圧の改善にも有効であるとされています(*1)

 糖質とは、多糖類(デンプン、グリコーゲンなど)、二糖類(麦芽糖、ショ糖など)、単糖類(ブドウ糖、果糖など)、そしてオリゴ糖、糖アルコール類に分類されます。糖質を多く含む食品は、ごはん、芋類、根菜、果物、お菓子、ジュースなどで、みりん、蜂蜜などの調味料にも多く含まれます。

 一方で、糖質含有量の少ない食品は、肉、魚、大豆製品、葉野菜、ナッツなどです。

出典:一般社団法人 食・楽・健康協会
1 2 3 4 5 >>
関連記事
このページの上へ

西田佐保子 [ライター]

にしだ・さほこ/ライター・編集者。1974年東京生まれ。出版社、コンサルティング会社などを経て、2015年、医療専門サイト、毎日新聞「医療プレミア」の立ち上げに参加。興味のあるテーマは、認知症、予防医療、ターミナルケアなど。

 


THINK!来月の健康

多くの人にとって季節ごとに現れやすい、また、多くの人が将来見舞われるかもしれない不快な症状・病気について医療記者が専門家にその原因と解決策を取材。時季を先取りしたエビデンスに基づく正確な医療情報をお届け。

「THINK!来月の健康」

⇒バックナンバー一覧