ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
これならわかる! 「國貞克則の使える会計勉強法」
【第2回】 2011年4月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
國貞克則 [ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役]

そもそも、PL(損益計算書)・BS(貸借対照表)は
なぜ必要なのか?

1
nextpage

第1回のコラムでは会計の全体像を説明しましたが、第2回のこのコラムでは「そもそもPL・BSといった表はなぜ必要なのか」、「なぜ収支計算書だけではダメなのか」について説明します。

なぜ収支計算書だけではダメなのか

収支計算書は現金の出入りをあらわす表ですからとてもわかり易いものです。しかし、何年にも渡って使用する設備や、何年にも渡って返済する借金がある場合、収支計算書にはどう記載されるでしょうか。

 例えば、5年ローンで200万円の借金をして、そのお金で200万円の自動車を買った場合、収支計算書では200万円の借金が収入として入ってきて、200万円の自動車代金の支払いが支出として出て行ったと記載されます。

図2-1 借金をして自動車を買ったときの収支計算書

 借金をして自動車を買ったときの収支計算書はこれでいいですが、その次の年以降の収支計算書はどうなるでしょう。話を簡単にするため借金の利息は考えないとにしましょう。5年ローンですから1年間に40万円(=200万円÷5年)の借金を返済することになります。借金の返済額40万円は支出として次の年の収支計算書に表れますが、借金の残高がまだ160万円あることは収支計算書には表れません。

 また、自動車についてはそれ以降現金の出入りがあるわけではないので、それ以降の収支計算書には何も表れません。しかし、自動車が財産としてその後も存在していることは間違いありません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


國貞克則 [ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役]

1961年生まれ。東北大学工学部卒業後、神戸製鋼所入社。海外プラント輸出、人事、企画などを経て、96年米クレアモント大学ピーター・ドラッカー経営大学院でMBA取得。2001年ボナ・ヴィータ コーポレーションを設立。ドラッカー経営学導入を中心にしたコンサルティングと、日経ビジネススクールなどで会計の講義を行っている。
主な著書に『財務3表一体理解法』(朝日新書)、『ストーリーでわかる財務3表超入門』(ダイヤモンド社)、『究極のドラッカー』(角川新書)、『The Trilateral Approach:グローバルに働く人の英文会計』(ボナ・ヴィータ コーポレーション)などがある。


これならわかる! 「國貞克則の使える会計勉強法」

会計の勉強は難しいと思われがちですが、お金の出入りを表すお小遣い帳や家計簿が理解できる人なら誰でも理解できます。

この連載では、いままで会計がわからなかった人、初めて会計を学ぶ人に向けて、会計の本質と全体像を理解するためのコツをお教えします。

実際のビジネスの現場でのお金の流れから会計の仕組みをつかむ、そして、PL(損益計算書)・BS(貸借対照表)・CS(キャッシュフロー計算書)のつながりで会計を理解する、画期的な勉強法をお楽しみください。

「これならわかる! 「國貞克則の使える会計勉強法」」

⇒バックナンバー一覧