ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
これならわかる! 「國貞克則の使える会計勉強法」
【第4回】 2011年5月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
國貞克則 [ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役]

収支計算書とPL・BSの
つながりを理解する

1
nextpage

第3回のコラムで、収支計算書とPL・BSの関係について説明しました。現金の動きのある取引だけを考えれば、収支計算書とPL・BSは同じことを別の形で表しているだけです。そうであれば、私たちが昔からよく知っている収支計算書を使ってPLとBSを説明すれば簡単に会計が理解できるというわけです。
ただし、第1回のコラムでも書きましたが、PLとBSは現金の動きのない取引も記載します。このことについては次の第5回のコラムで詳しく説明しますので、今回のコラムでは現金の動きのある取引だけについて、収支計算書とPL・BSの関係をもう少し詳しく説明していきます。

収支計算書とPL、BSの関係を
理解する4つのつながり

 実は収支計算書とPLとBSの3つの表は図4-1のように互いにつながっています。

図表4-1 収支計算書とPL・BSのつながり

 第3回のコラムの複式簿記のところで説明したように、PLの利益とBSの利益剰余金はつながっています(①)。BSの左右の合計は常に一致します(②)。収支計算書の残高はある時点で会社が持っている現金の総額ですからBSの現金の額と常に一致します(③)。

 なぜなら、BSの現金というのは、ある時点でその会社が持っている資産の中で、現金の形でその会社に存在しているものを表しているからです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



國貞克則 [ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役]

1961年生まれ。東北大学工学部卒業後、神戸製鋼所入社。海外プラント輸出、人事、企画などを経て、96年米クレアモント大学ピーター・ドラッカー経営大学院でMBA取得。2001年ボナ・ヴィータ コーポレーションを設立。ドラッカー経営学導入を中心にしたコンサルティングと、日経ビジネススクールなどで会計の講義を行っている。
主な著書に『財務3表一体理解法』(朝日新書)、『ストーリーでわかる財務3表超入門』(ダイヤモンド社)、『究極のドラッカー』(角川新書)、『The Trilateral Approach:グローバルに働く人の英文会計』(ボナ・ヴィータ コーポレーション)などがある。


これならわかる! 「國貞克則の使える会計勉強法」

会計の勉強は難しいと思われがちですが、お金の出入りを表すお小遣い帳や家計簿が理解できる人なら誰でも理解できます。

この連載では、いままで会計がわからなかった人、初めて会計を学ぶ人に向けて、会計の本質と全体像を理解するためのコツをお教えします。

実際のビジネスの現場でのお金の流れから会計の仕組みをつかむ、そして、PL(損益計算書)・BS(貸借対照表)・CS(キャッシュフロー計算書)のつながりで会計を理解する、画期的な勉強法をお楽しみください。

「これならわかる! 「國貞克則の使える会計勉強法」」

⇒バックナンバー一覧