ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 運命回廊
【第26回】 2011年6月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
村上卓郎

躊躇い

1
nextpage

(2007年12月、東京)

 高輪のさくらタワーホテル、おとなしい暖色系の色彩と照明に染められたロビーでは、当然のように置かれた大きなツリーが場所を占めて、季節感を演出している。クリスマスを目前に控えた外界は、日曜日ということもあり、更に落ち着きを失っていた。

 1階にあるラウンジのガラス張りの壁には、その先にある手入れの行き届いた庭園が壁画のような静寂の美を見せていた。

 チノパンツにカシミアのセーターというカジュアルな装いの慶子が、低い黒革の一人掛け椅子に深々と座っている。窓の外を見やった彼女には、庭園の造形美よりもそこに漂う冬の空気のほうが目に付き、やはり日本は寒い、と感じていた。上海と東京では、気候の差はあまりないはずなのに。

 「まだ来ないのか?」

 父の声に振り返った。

 「12時まで、あと15分もあるわよ。慌てないで」

 川崎洋介は、首都圏でも大手に入るマンションデベロッパーを一代で築いた成り上がり人物らしく、脂ぎった顔に自信を貼り付け、その目は他人を信用しない険しさを表現していた。

 母を癌で失ってから、父の目は年々厳しさを増してきたようだ。イタリア製だと自慢のジャケットは襟幅が広すぎて滑稽役者のように見えるが、それを注意しても聞き入れるどころか不機嫌にさせるだけと判っている慶子は、父のセンスに対しては見て見ぬふりを習慣付けていた。

 「ちゃんと挨拶をしたいと言うのなら、先に来て待っているのが筋というものだ。お前は、本当にそんな若造と一緒になるつもりなのか?」

 「一緒になるって……私はバツイチの三十路女よ。結婚なんて、もう考えていないわよ。ただ、彼は真面目な人だから、挨拶をしておきたいと言っただけ。勘違いしないで」

 父親としては、娘が幾らかの強がりを含んで話していることなど見通していたが、肝心な用件を思い出し、そちらの話を切り出した。

 「ところで慶子、上海の会社は、おまえ自身がオーナーにならないか?」

 「どういうこと?」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧