ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マレーシア大富豪の教え
【第8回】 2017年5月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
小西史彦

“幸運な人”と“不運な人”を分けるのは「これ」だ
マレーシア大富豪の教え

1
nextpage

いまメディアで話題の「マレーシア大富豪」をご存じだろうか? お名前は小西史彦さん。24歳のときに、無一文で日本を飛び出し、一代で、上場企業を含む約50社の一大企業グループを築き上げた人物。マレーシア国王から民間人として最高位の称号「タンスリ」を授けられた、国民的VIPである。このたび、小西さんがこれまでの人生で培ってきた「最強の人生訓」をまとめた書籍『マレーシア大富豪の教え』が刊行された。本連載では、「お金」「仕事」「信頼」「交渉」「人脈」「幸運」など、100%実話に基づく「最強の人生訓」の一部をご紹介する。

「実力」だけでは成功できない

 私は、いろんな人に「成功の秘訣」について尋ねられてきました。
 そのたびに、これには困らされてきました。なぜなら、私は“自分の力”で成功したわけではないからです。妻にもよくこう言われます。

 「あなたは、人生においていくつかの幸運に恵まれた。自分の実力だと勘違いしてはいけませんよ」と。

 そのとおりです。幸運がなければ、いまの私はありえません。いわば、「幸運の力」もあって、それなりの成功をおさめることができたのです。

 そもそも、私は「自分が成功者だ」とは思っていません。いまも私は「途上」にいる者です。私には、どうしても実現したいことがあります。ただし、それは「成功者」になることではありません。自分の人生に満足したいのです。与えられた人生を意味のあるものにしなければならない、と私は思い続けて生きてきただけなのです。

 その前提で、私なりの「成功の秘訣」について、お話ししていきたいと思います。先ほど、私は「幸運の力」もあって成功をたぐりよせることができたと言いました。しかし、あらゆる幸運には必然性があります。根源的に重要なことをコツコツとやり続けている人には、幸運が巡ってくる。奇跡ともいうべき現象が起きるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/18~6/24)



小西史彦

小西史彦(こにし・ふみひこ)
1944年生まれ。1966年東京薬科大学卒業。日米会話学院で英会話を学ぶ。1968年、明治百年を記念する国家事業である「青年の船」に乗りアジア各国を回り、マレーシアへの移住を決意。1年間のマラヤ大学交換留学を経て、華僑が経営するシンガポールの商社に就職。1973年、マレーシアのペナン島で、たったひとりで商社を起業(現テクスケム・リソーセズ)。その後、さまざまな事業を成功に導き、1993年にはマレーシア証券取引所に上場。製造業や商社、飲食業など約50社を傘下に置く国民的企業グループに育て上げ、アジア有数の大富豪となる。2007年、マレーシアの経済発展に貢献したとして同国国王から、民間人では最高位の貴族の称号「タンスリ」を授与。現在は、テクスケム・リソーセズ会長。既存事業の経営はほぼすべて社長に任せ、自身は新規事業の立ち上げに采配を振るっている。

 


マレーシア大富豪の教え

「お金」も「コネ」も「才能」もない青年は、なぜ、わずか24歳で日本を飛び出し、アジア有数の「ミリオネア」になれたのか?お金・仕事・信頼・交渉・人脈・幸運など、「無一文」から「大富豪」になる25のシンプルな教え!

「マレーシア大富豪の教え」

⇒バックナンバー一覧