ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
結束力 バラバラな職場を一つにまとめる
【第3回】 2011年8月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
荻阪哲雄 [株式会社チェンジ・アーティスト代表取締役社長]

チームの「くせ者」に気をつけろ

1
nextpage

結束力を高める「メンバー・ポートフォリオ」

 共通目標へ向けて、組織の結束力を高めようとするとき、チームのメンバーの状況を把握しておく必要があります。メンバーには、次の4つのタイプが存在しています。どのゾーンに、何人いるか、「メンバー・ポートフォリオ」として把握しておきましょう。

 ゾーンⅠの「プロフェッショナル」は、チームが目指している共通の目標に対する共感が高く、仕事のできるメンバーです。バラバラなチームでは、こうしたメンバーは少ないのが現状ではないでしょうか。一人でも多く欲しい人材ですが、どの職場でも必要な人材ですから、簡単には手に入りません。

 ゾーンⅡの「お友だち」は、共通の目標に対する共感は高いので、一緒にやっていくことに関しては積極的です。結束力を高める点では貴重ですが、「プロフェッショナル」に比べると、仕事の能力やパフォーマンス度が低く、戦力としては頼りない存在です。

 ゾーンⅢの「くせ者」は、共通の目標に対する共感が低いのですが、仕事のできるメンバーです。この「くせ者」は、「プロフェッショナル」と並ぶほどの能力があります。ただし、結束力を乱す行動をしがちで、要注意の存在です。この「くせ者」への対応は、リーダーとしてとても重要な仕事になります。

 ゾーンⅣの「アマチュア」は、共通の目標に対する共感が低く、仕事の能力、パフォーマンス度も低い人たち。バラバラな職場にはこのゾーンの人数が多いかもしれません。この人たちは、「くせ者」に引きずられやすい傾向があります。共通の目標に向かうよりも、「くせ者」に協力したほうが、ラクができて、成果が手軽に得られるからです。この人たちへの対応もリーダーは注意しなければなりません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
われわれはいかに働き どう生きるべきか

われわれはいかに働き どう生きるべきか

P.F.ドラッカー 述/上田 惇生 訳

定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年1月

<内容紹介>
寿命が延びたからこそ生じる、仕事、キャリア、生きがいの問題――毎日を生きる心得、そしてハウツーを語った幻のインタビュー、初の活字化。すぐれたマネジャーはどのように考え・行動しているかのみならず、よき人生をいかに生きるか、その指針をを示してくれる。ドラッカー教授の温かい眼差しに満ちた一冊。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


荻阪哲雄 [株式会社チェンジ・アーティスト代表取締役社長]

株式会社チェンジ・アーティスト代表取締役社長。職場結束力コンサルタント。1963年、東京・浅草生まれ。警視庁勤務時、硬直化した体質に疑問を持ち、組織変革コンサルタントを志す。ベンチャー企業、経営研究所を経て、1994年、組織風土改革コンサルティングファーム、スコラ・コンサルトの創業期に参画。№1コンサルタントとして活躍後、パートナーに就任。2007年、組織の結束力を高める独自メソッドを確立して、チェンジ・アーティストを設立。著書に『結束力の強化書』がある。


結束力 バラバラな職場を一つにまとめる

職場のバラバラ感が、結果とヤル気を奪っています。なぜ、チームはあっという間にバラバラになってしまうのでしょうか? 元警視庁出身という異色の経歴を持つ、日本で唯一の結束力UPコンサルタントが、3万時間のコンサルティングの実践の中から生み出した、どんなバラバラ組織でも結束力が生まれるメソッド「バインディング・アプローチ」をわかりやすく解説します。

「結束力 バラバラな職場を一つにまとめる」

⇒バックナンバー一覧