ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
証券会社が売りたがらない米国債を買え!
【第3回】 2011年8月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
林 敬一

債券ファンドは買ってはいけない

1
nextpage

『証券会社が売りたがらない米国債を買え!』の著者・林敬一さんによる大好評連載の3回目は、債券ファンドについてです。前回は、米国債の魅力をダイジェストでお伝えしましたが、今回は打って変わって「債券の専門家として黙っていられない!」となにやらお怒りの様子です……。

債券ファンドはリターンを約束してくれない

 ここまでの話は、

・米国債の格下げのインパクトは限定的。
・確定利回りで低リスクな「債券投資」というものがある。
・米国債は安全な投資対象だから世界中からお金が集まる。
・長期投資なら金利は為替に負けない。

 ということでした。

 さて、「債券投資」というと一般の方は債券に投資する投資信託を思い浮かべるかもしれません。しかし、こうした債券ファンドは間違っても買ってはいけません。
なぜか?

 価格が上下して、元本割れする可能性があるからです。

 「債券投資だって同じじゃないの?」

 いいえ、債券は購入時に金利が決まり、満期までの間、ずっとその金利を享受できます。満期前に売却する場合は、価格が上下して元本割れの可能性もありますが、満期まで持てば決まった額が返ってくるのです。ですから「フィクストインカム(Fixed Income)」と呼ばれます。債券ファンドはそんな約束はミジンもしてくれません。

 「じゃ、なんで世の中にはゴマンと債券ファンドがあるの?」

 証券会社が儲かるからです。証券会社のトクは投資家のソン。それが投資の世界の鉄則です。 私の本のタイトルは、『証券会社の売りたがらない米国債を買え!』ですが、その理由の一つがこの鉄則にあります。では詳しく見ていきましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


林 敬一

1973年慶応大学経済学部卒業、同年日本航空に入社。本社の計画部門などを経てアメリカ駐在中の1990年にソロモン・ブラザーズに転職。投資銀行本部において、債券資本市場部に所属。投資銀行本部ヴァイスプレジデント、債券資本市場部長を経験。1999年、英国投資会社の子会社のIT系人材会社に転職し、企業買収を専門に手がけ2009年に退職。現在はフリーランスのコンサルタント。


証券会社が売りたがらない米国債を買え!

「長期投資するなら米国債がお勧めです」って言われたらあなたはどう思いますか? 「え? 格下げされたけど大丈夫なの?」「デフォルトリスクはないの?」「そもそも米国債ってどうやって買うの?」――はい、昨今の報道を見てなぜ米国債と思う気持ち、よくわかります。そこで、『証券会社が売りたがらない米国債を買え!』を刊行した債券のプロ・林敬一氏に、日本人の知らない米国債投資の魅力を聞いてみました。

「証券会社が売りたがらない米国債を買え!」

⇒バックナンバー一覧