長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉
【第40回】 2017年8月17日 樋口直哉 [小説家・料理人]

長寿だったミケランジェロは動物性脂肪を程よく摂取していた

イラスト/びごーじょうじ

「盛期ルネサンスの三大巨匠」といえば一般的にレオナルド・ダビンチ、ミケランジェロ、ラファエロの3人を指す。ルネサンスという同時代に生きた彼らの中で最も長生きしたのがミケランジェロだ。

 ダビンチとミケランジェロは当時からライバルと見なされており、複数の人が2人に確執があったことを記している。この対立の背景には彫刻と絵画のどちらが優れているのか、という議論があったが、2人は性格も対照的だった。優雅で気品があるダビンチに対して、ミケランジェロは周囲からは高慢な変人だと思われていた。

 ダビンチは晩年、菜食主義者になり、少し食べただけで満足せよ、といった類いの記述をメモに残している。それに対してミケランジェロは食べるものにも着るものにも無頓着で、暮らしぶりも非常に質素なものだった。

 ミケランジェロは普段、どんなものを食べていたのだろうか。残っているメニューのメモ書きによるとパン、ワイン、ニシン、それからトルテッリというラビオリに似たパスタ。あるいはサラダにパン、ワイン、ホウレン草、イワシ、トルテッリ。パンにウイキョウのスープ、ニシンにワインという具合だ。
 このメモはひょっとすると朝食、昼食、夕食のメモだったのかもしれない。全体から受ける印象はしっかりと食べているということだ。それも当然、ミケランジェロが生まれたイタリア・トスカーナは料理がおいしいことで有名だ。ちなみにトスカーナのパンは塩が入っていないことで知られる。ミケランジェロが食べていたパンにも塩は入ってなかったに違いない。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

樋口直哉 [小説家・料理人]

1981年生まれ。服部栄養専門学校卒。料理人として活動する傍ら、2005年、『さよならアメリカ』で群像新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。ほかの作品に『月とアルマジロ』(講談社)、『大人ドロップ』(小学館)、『星空の下のひなた。』(光文社)、『ヒマワリのキス』(徳間書店)、『アクアノートとクラゲの涙』(メディアファクトリー)がある。

 


長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉

1日でも長く生きたい――。きっと多くの人が望むことだろう。では、実際に長生きをした人たちは何を食べてきたのか。それを知ることは、私たちが長く健康に生きるためのヒントになるはずだ。この連載では、歴史に名を残す長寿の人々の食事を紹介。「長寿の食卓」から、長寿の秘訣を探る。

「長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉」

⇒バックナンバー一覧