20~30代の若者を中心に広まる「婚活」ならぬ「恋活」。恋愛対象を積極的に探す活動のことをいうが、そのきっかけづくりに活用するのが「恋活アプリ」と呼ばれる恋愛・婚活マッチングサービスだという。(清談社 森 江利子)

身近になるネット恋愛
SNS感覚の出会い

一昔前、ネットでの出会いは、「出会い系」のようにいかがわしいイメージがつきまとっていた。しかし、今の若者が利用する恋活アプリに、そうした怪しいイメージはない。デジタルネイティブ世代にとって、むしろ普通の出会い方なのだろう

「新卒で入った職場は部署を超えての交流はほとんどなく、出会いもない状況だったんです。それで、スマホで出会えるマッチングサイトに登録しました。ここで知り合った3歳年上の彼女とは、2人の職場が近い渋谷周辺で飲むようになって付き合い始めました」

 こう語るのは、都内のWebサービス企業に勤める上坂峻さん(仮名・27歳)。彼が利用しているのは、インターネット上にプロフィールを登録し、恋人や結婚相手を見つける「恋活アプリ」。若い世代にとっては、ごくありふれた出会いのひとつなのだという。

 人気恋活アプリのひとつ「Pairs(ペアーズ)」を運営する、株式会社エウレカ広報の田山慶子さんは、こう語る。

「現在、Pairs利用者のボリュームゾーンでもある20代半ば~30代半ばは、学生時代から個人の携帯電話を所持し、mixiやFacebookなどのSNSに慣れ親しんできた“デジタルネイティブ世代”です。Facebookでは、自分の顔写真はもちろん、実名や生年月日、出身校などの詳細な個人情報をインターネット上で公開し、リアルな交友関係を築きます。ほかにもTwitterやInstagram など、SNSでのつながりが日常化している若者にとって、ネットが異性との出会いの場になることへの抵抗は少なくなってきているのではないでしょうか」(田山さん、以下同)

「Pairs」は、Facebookの登録情報をベースにした恋愛・婚活マッチングサービスだ。18歳以上の独身者であれば登録可能で、年齢、居住地、職業などの基本的なプロフィールと顔写真を登録し、Pairsアプリ上で共有する。気になる相手を見つけたら「いいね!」を送り、相手が「ありがとう」を返すとマッチングが成立し、以降は1対1のメッセージのやりとりに移る。その際に、デートの約束を取り付けることになる。