ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

どうやら円高の恩恵だけではないらしい。
ロレックス、メルセデス、バカラ、ロエベ…
高級ブランドが今、飛ぶように売れるわけ

「ストレス解消消費」は「もったいない」の表れか?

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第2回】 2011年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

売れる!1000万円の高級時計
注文殺到!4000万円超の輸入車

 内閣府の発表によると、今年7~9月期の実質国内総生産(GDP)の速報値は、前期比1.5%増で4四半期ぶりのプラス成長、年率換算では6.0%という高い水準となりました。この数字を見る限り、3月11日の東日本大震災で深刻な打撃を受けた日本経済は予想以上に早いスピードで回復しているようです。

 とはいえ、普段の生活で景気の回復を実感することはなかなか難しいとは思いますが、一方でこの数字を裏付けるかのように、今、ブランド品をはじめとする高級商材が飛ぶように売れるという現象が起こっているのです。

 日本百貨店協会の全国百貨店売上概況によると、美術品、宝飾品、貴金属の全国の百貨店での売上高も、6月に52ヵ月ぶりにプラスに転じた後、7月は5.3%の増。さらに日経平均が8000円台となった8月も、同4.8%増と高水準の伸びが続いています。

 たとえば、東京の三越日本橋店では200万円以上の高級時計が前年同月の2倍を売り上げており、100万円台の商品も同65%増。松坂屋名古屋店でも、1000万円以上の高級時計が売れているそうです。

 また、三越伊勢丹HDや高島屋でも高級品の動きがよく「100万円以上もするロレックスやフランク・ミュラー、高級グラスのバカラが飛ぶように売れている」(大手百貨店関係者)という話もあります。

 高級商材が売れているのは百貨店だけではありません。

 8月の新規登録輸入車台数では、BMWが2.7%増、メルセデスベンツは7.0%増、アウディは35.5%増と、主要な輸入車は軒並み前期比増となっています。そのなかでも1台数千万円もする超高級車が堅調な売れ行きを見せています。

 伊ランボルギーニは、最新モデルの「アヴェンタドール」を今年3月に発売しましたが、4100万2500円という高額にもかかわらず予約注文が殺到し、現在は納車まで1年半待ちという人気ぶりです。 F1で知られる英マクラーレン・オートモーティブも「MP4-12C」を発表、2790万円で年間100台程度を日本で販売する予定ですが、すでに55台の注文が入っているそうです。

 米コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーは、2011年の日本国内の高級商材売上高は2%拡大する見通しを立てました。高級商材市場が拡大するのは、売上減少が始まった2007年以来4年ぶりのことです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧