ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

「草食系クリスマス」の予算は1万円強。
“男の見せ場”なき世代の消費に企業が嘆くわけ

20~30代男性の購買スイッチはどこにある?

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第3回】 2011年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

クリスマスにかけるおカネ
20代男性で平均1万2880円

 みなさんは今年のクリスマスをどのように過ごされましたか? 

   アメリカンファミリー生命保険会社(アフラック)が、今年10月に全国の10~50代の男女1122名を対象に実施したクリスマスについての調査によると、クリスマスの過ごし方としては「家族と過ごしたい」が約半数、続く2位も「家族と食事に行きたい」が20.2%となり、年齢を問わず家族と過ごすことに価値を見出している人が多いことがわかりました。

 今年の震災以降の社会トレンドである家族との絆を大切にするという傾向がここでも反映されているのではないかと思います。

 一方、クリスマスにかける予算総額は、1万円未満と回答した人が全体の77.3%で、クリスマスにもらって嬉しかったプレゼントの想定金額が1万円未満と回答した人も計60.2%にのぼり、「クリスマスプレゼントにおカネをかけるのは当たり前」という昔の価値観は薄れてきているようです。

 年代別に比較すると、最もおカネをかけるのは20代男性で平均1万2880円、逆に最も低いのは10代女性で4166円。どの年代においても男性のほうが女性より平均金額が高い傾向にありました。

 バブル世代の私たちの若い頃は、クリスマスといえば、1年で最大にして最も熱いイベントであり、当時の日本中の若い男女には、「クリスマスを1人で過ごすのは絶対にイヤだ!」という強迫観念ともいえる空気が蔓延していました。

 何がなんでもクリスマスまでに恋人をつくって、銀座、青山あたりでフレンチのフルコースを楽しみ、夜景のきれいなスポットで贈るプレゼントはシルバーのイヤリングかネックレス(指輪はやや“重たい”ので避ける)、赤プリ(今年営業を終了した『赤坂プリンスホテル』の略称)に泊まってシャンパンを開け、その後は……というのがバブル時代のいわば“王道”といえるクリスマスの過ごし方でした。

 しかし、クリスマス発祥の地の欧米では、クリスマスは伝統的に家族で過ごすものであり、日本でも1970年代から80年代初頭までは、プレゼントはそうした欧米の伝統に則って親から子へ贈るものでした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧