真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。

そうして受け取ってきた様々なメッセージからわかった、ご神仏の力を借りて幸運に生きる方法を紹介した『神さま仏さまがこっそり教えてくれたこと』から一部を抜粋し、再構成してご紹介する。

この本で紹介されている悟東氏の周囲で起こった実際のエピソードには信じがたいものも多く、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせてしまうはず!

ご神仏が「ごほうび」をくれる時

悟東あすか(ごとう あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家。幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。<撮影:松島和彦>

 ご神仏は、人の言葉や行動を通じて私たちに大切なメッセージを伝えてくれます。
 ですから、自分の家族や周囲の人、偶然ふと出会う人を、ただの「人」だと思ったら大間違いです。その後ろには必ずご神仏がおられます。

 優しい言葉をかけてくれる人、嫌みや苦言を言う人、叱ってくれる人、さりげない親切をしてくれる人……。

人からの助言や励ましはもちろん、批判や中傷、小言なども、

『気づかないといけないことがあるよ』
『軌道修正が必要だよ』

 と、ご神仏がその人に言わせている場合があるのです。
 ですから、他人から言われた言葉にムッとしたり傷ついたりしても、一度受け止め、

「なぜ私は今、この言葉を聞く必要があるのだろう」

 と問い直してみましょう。
 すると、「あっ!」と気づいたり、「そういえば……」と思い当たったりすることがあるはずです。
 たとえ、その時はわからなくても、別のタイミングで遠からず新たなサインやヒントが来るので、続けて意識してみてください。

 生きていると理不尽だと思うことも起きますが、その理不尽の中をよく見ていくと、自分の問題を照らし出していることもあるのです。
 外で起きることは、受け取り方次第で、私の中に問題があったということをご神仏が教えてくれているわけです。

 ご神仏との縁が深くなればなるほど、この傾向が強くなります。
 そうやって、嫌な状況やトラブルも学びに変えた時、「ごほうび」や「おかげさま」がやって来ます。
『そうだよ、よく気づいたね』とでもいうように、状況がガラリと変わります。
 突然うれしいオファーが来たり、次の展開につながるようなチャンスがやって来たりするのです。

 ですから、
「なぜこんなことが起きるのだろう」
「どうして嫌なことばかり続くの」
 とつらく感じる時こそ、本当はご神仏のご加護がやって来ている、と思ってください。

 アクシデントや苦境の時こそ立ち止まり、ご神仏に問いかけながら、冷静に状況を眺めてください。
 そうすることで、自分の枠がはずれたり、障害になっていたものが取れたりして成長できるものです。
 その結果、人生も大きく変えられるのです。