ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

「大卒には絶対負けない!」
なぜ高卒社員は大卒社員に闘争心むき出しなのか

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第13回】 2010年2月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 職場の同僚と世間話をしている時や飲み会などの機会があると、お互いの接点を探ろうと、

 「ところで○○さんは、どこの大学御出身ですか」

と訊ねることってありますよね。そこで大学が同じだったりすると
「縁がありますね!」と盛り上がり、違っていても話のきっかけになるものです。ところが「私は高卒です」と答えが返ってきたら、どうですか?

 大卒社員と高卒社員はたとえ世代が近くても、お互いに壁をつくって距離ができてしまう――。そういった話をよく耳にします。しかし、そんな学生時代の経歴の違いだけで壁ができるものでしょうか?今回は大卒社員と高卒社員で生じるギャップについて、考えてみたいと思います。

高卒社員と大卒社員が
一緒に働く職場は少なくない

 最近の人材採用と言えば大卒、中途が中心ですが学歴不問で高卒の人材を採用している企業もない訳ではありません。確かに日本経済の低迷で高卒全体の就職内定率は68.1%(2010年1月現在)と同時期では下落幅が過去最大という厳しい状況でした。しかしながら、サービス、介護など慢性的に採用で苦労している業界の採用サイトには「高卒可」「学歴不問」の文字を幾つも見かけます。

 先日、取材した中古車販売の会社は昨年の新規採用で高卒・大卒が約半々の割合でした。

 「当社は人材を育成する場所を目指しています。ですから、仕事に対する前向きな姿勢が持てるなら学歴は不問です」

と人事部の方も学歴を重要視しないことを強調していました。ただし、高校生の採用は大学生に比べて手間がかかるようです。各高校の進路指導部を個別の窓口に募集して、職場見学を生徒に実施、そして選考開始・・・。この手間が高卒採用の障壁になっている気がしてなりません。

 さて、話題を戻します。ただし、いざ職場に配属された社員の立場からすると、会社が「学歴不問」といっても同僚に「大卒」「高卒」が混在しているのは事実であり、お互いの意識のギャップから様々な摩擦が起きているケースもあるようです。そのギャップを生む原因はどこにあるのでしょうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧