ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

世界で負け続ける日本の教育。
待ったなしの「教育革命」を担うのはNPOと企業

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第62回】 2012年2月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 途上国だろうが先進国だろうが、最も重要な政策課題は教育だろう。教育のレベルがその国の国力を決める。途上国支援においても、教育支援が最も効果的であることは国連や世界銀行の調査でも分かっている。言論の自由が保証されている国の方が経済も成長するという調査レポートもあるが、自由な言論のためには読み書きの能力が必要で、初等教育、中等教育の充実が経済成長のためにも必要ということでもある。日本が世界第2位の経済大国に上り詰めることができたのも、教育レベルの高さゆえであることは論を待たない。

 その日本の教育レベルが低下している。これは多くの人が実感しているし、OECD調査(生徒の学習到達度調査)の結果もご存知かと思う。たとえばすべての学習の基礎となる総合読解力は65ヵ国・地域中8位。1位の上海、2位の韓国に大きく負けている。

 かつては世界一と言われた数学でも、数学的リテラシーの平均得点は9位。ちなみに1位は上海で以下、シンガポール、香港、台湾と続く。今後、さらに競争が激化する東アジアにおいて、日本は競合国に対して完全に負けている(2009年調査)。

 こういった現在の数字だけでなく、筆者が危惧しているのはその教育の中身、レベルである。前述のOECD調査では数学的リテラシーは今のところ、イギリスに勝っている。しかし、実際の中学校数学のカリキュラムレベルはイギリスにも負けている。イギリスの中学で習う内容を日本では習わないので、高校から留学するとイギリスの高校の数学を日本からの留学生が理解できない。生徒の学習姿勢にも差があり、韓国の高校生は授業以外で1日10時間くらい勉強するのが普通だが、都立高校の生徒の半数以上は自宅では1分たりとも勉強しないという。このような、カリキュラムレベルの差、学習意欲の差が、日本の子どもたちの学力をさらに低下させるのではないかと思うわけだ。

 この学力低下に反比例して、世界では学歴の超インフレ時代に突入している。これも多くの日本人にはあまりアナウンスされていない。アメリカではMBAホルダーがピザ配達の仕事をしている。昨年からの欧州経済危機の影響もあり、世界ランキング4位のロンドン大学を卒業した学生が就職できず苦労している。もはや、ハーバード大学のビジネススクールでMBAをとるとか、オックスブリッジでPh.Dを取得するとか、そういったレベルでなければ世界の一流企業には就職できないのではないか。そんな状態になっている。

世間を賑わした東大・秋入学。
制度変更の前にすべきこと

 世界が超高学歴時代になっているということは、大学も世界中から優秀な学生を集めることが生き残るための重要な要件となっている。ランクの高い大学を出なければ良い就職が難しいが、ランクを上げるためには優秀な学生を獲得する必要がある。日本でも世界でも事情は同じなのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧