ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
香山リカの「ほどほど論」のススメ
【第19回】 2012年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

誰もがサバイバル競争に晒されるなかで
共助社会は築けるか

1
nextpage

自己啓発は自分だけ生き残るためのものか

 最近、宮崎学さんの著書『「自己啓発病」社会』を読みました。

 その中で、19世紀にイギリスで出版されたサミュエル・スマイルズの『自助論』について書かれています。この本には欧米人300人の成功譚が書かれています。宮崎さんは、この本が自己啓発に熱心な人たちに誤読されていると主張しています。

 現在日本で発行されている『自助論』は、要点だけを訳してあるので、それだけを読むと自分の努力(自助)だけで人は成功できると読まれがちです。しかし、1871年に刊行された全訳である『西国立志編』を読むと、自助は自分のためではなく相互扶助のためであると書いてあります。

 また、『自助論』が19世紀半ばのイギリスで出版された状況を考えると、当時は決して恵まれていたとは言えない工場労働者に対して、仕事を通じての自立は可能だと説いているのです。スマイルズは、恵まれた人がさらに成功することを訴えたかったのではないと宮崎さんは書いています。

 自己啓発本はこれまでも盛んに出版されてきました。

 1980年代は、豊かな時代のなかで自己実現するという「自分探し系」が多数を占めていました。

 ところが、2000年代に入るとその意味合いが一変しました。出口の見えない不況のなかで最終的に生き残る人は2割程度と脅され、自分だけでも生き残ろうとする「自己本位の自己啓発」が主流になっています。

 サバイバル競争が激しくなる社会で他人に頼るのはあてにできない。このような文脈から自助が求められているのでしょうか。こうなるとスマイルズが説いた自助の精神とはあまりにも違っています。

 競争で勝った人だけが生き残っていく社会、そこで必要なのは勝ち残るための自助の精神。これでは、そこでこぼれた人はどうなってしまうのでしょうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

1960年北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒業。豊富な臨床経験を生かし、現代人の心の問題のほか、政治・社会評論、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで活躍する。著書に『しがみつかない生き方』『親子という病』など多数。


香山リカの「ほどほど論」のススメ

好評連載「香山リカの『こころの復興』で大切なこと」が終了し、今回からテーマも一新して再開します。取り上げるのは、社会や人の考えに蔓延している「白黒」つけたがる二者択一思考です。デジタルは「0」か「1」ですが、人が営む社会の問題は、「白黒」つけにくい問題が多いはずです。しかし、いまの日本では何事も白黒つけたがる発想が散見されるのではないでしょうか。このような現象に精神科医の香山リカさんが問題提起をします。名づけて「ほどほど」論。

「香山リカの「ほどほど論」のススメ」

⇒バックナンバー一覧