ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

あなたは会社の看板なしで勝負できるか?不確実な時代を泳ぎ切る“個人力”は、成長企業で身につける
――ライフネット生命副社長・岩瀬大輔氏【後編】

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第11回・後編】 2012年3月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

3月15日、東京証券取引所マザーズ市場に上場予定のライフネット生命保険。既存の生命保険会社とは異なるビジネスモデルで急成長して注目を浴び続ける。生命保険会社でありながら「ベンチャーを通じて日本の社会を変える!」といったメッセージを発信してきたことで“応援したくなる会社”という独自のポジショニングを得つつある。同社において、そうした独特のポジショニングで急成長してきたのは、“会社の看板なしで勝負できる”キャリアを歩む、“個人力”に長けた社員達である。前編に引き続き、ライフネット生命保険副社長の岩瀬大輔氏に、自分の専門性を発見し、不確実性の高い時代を泳ぎ切る術に迫る。

働くべきは、
見晴らしのいい会社

いわせ・だいすけ
1976年埼玉県生まれ。1998年に東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパン(現RHJインターナショナル)を経て、ハーバード経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で卒業(ベイカー・スカラー)。2006年にライフネット生命保険の設立に参画。2009年2月、代表取締役副社長に就任。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」選出。

南 岩瀬さんから見て、これからのビジネスパーソンの市場価値の高め方というのはどういったものでしょうか? 

岩瀬 その業界が見渡せる、見晴らしのいい会社、つまりリーディングカンパニーに行くのが大切だと考えます。ネット業界に進みたいのなら、今業界で一番成長しているIT企業に入ってみる、あるいは自分でベンチャーをやりたいなら、まずベンチャーに居たことがなければ何も分からないので、まずは一番勢いのあるベンチャーに飛び込んでみる、ということが最短距離だったりします。

 これはまた、会社の仲間づくりでも指標として役に立ちます。前述の常務取締役の中田は、スターバックス、Gabaを経て弊社に入社しました。スターバックスはオシャレカフェのパイオニアであり、Gabaは英会話のリーディングカンパニーです。特に僕はGabaのセンスのいい広告には惹かれていて、そこで活躍していた中田は、僕にとってマーケティングの師匠でした。起業前から度々訪問しては質問攻めにして手帳一杯にメモを取っていました。そして2008年、中田から会社を辞めるということを聞き、僕は弊社に来て欲しいと誘ったのです。

南 今後は中田さんのように、企業の中で培ったスキルを使って、様々な事業体や企業とコラボレートすることで自分のバリューを発揮していく働き方は増えていくのでしょうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧