ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 東京崩壊
【第6回】 2012年3月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
高嶋哲夫 [作家]

国務長官との会談

1
nextpage

第一章

5

 森嶋は腕を伸ばして枕元をさぐった。

 携帯電話が鳴っている。

 昨夜はマンションに帰ってからベッドに横になり、高脇とロバートが持ってきた二つのレポートを読み直していて、いつの間にか寝てしまった。

 いま、何時だと思ってる、と言いかけた言葉がさえぎられた。

〈大統領と会ってきた。大統領は日本政府に日本発世界恐慌回避の具体的な提案を期待している。そういうものは出そうか〉

 ロバートの声が飛び込んでくる。

 時差などという言葉は頭にはない男だ。

 しかし、森嶋の意識は一瞬のうちに呼び戻された。

 「俺に分かるわけがないだろ。一つの省の役人にすぎないんだ」

〈日本のキャリア官僚は若手といえども何でも知ってて、何でもできる超エリート集団じゃないのか〉

 「部外者の妄想だ」

 実際は上のご機嫌をうかがいながら、指示通りに動いているものがほとんどだ。自分の意思など心の奥底に封じ込めている。

〈来週、ハドソン国務長官が中国訪問の帰りに日本に寄ることは知ってるだろう。俺も一緒に行くことになった〉

 「アメリカはなにを考えているんだ」

 〈あのレポートがマスコミに流れる前に、日本が明確な対策を出しておかないと、世界恐慌の引き金になりかねないと危惧している。それほど、世界情勢はシビアになっているということだ。日本政府はまったく気づいてはいないだろうが。いくら斜陽の国とはいえ、日本は核爆弾なみの脅威を抱えた国なんだ〉

 いくら友人とはいえ、最後のひと言は余計だ。しかし、現実をよくいい当てている。

 「具体策なんてムリだ。それも、世界を納得させるような」

 アメリカ人は、というより世界は日本という国をまったく理解してない。せいぜいGDP世界3位、かつては第2位を長期間維持してきた東洋の経済国、というレベルだ。

〈ことの重要性を日本政府は分かっていないようだ。次の世界恐慌の引き金は、日本が引くことになる〉 
 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高嶋哲夫 [作家]

1949年、岡山県玉野市生まれ。1969年、慶應義塾大学工学部に入学。1973年、同大学院修士課程へ。在学中、通産省(当時)の電子技術総合研究所で核融合研究を行う。1975年、同大学院修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員。1977年、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学。1981年、帰国。
1990年、『帰国』で第24回北日本文学賞、1994年、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞で大賞・読者賞など受賞多数。
日本推理作家協会、日本文芸家協会、日本文芸家クラブ会員。全国学習塾協同組合理事。原子力研究開発機構では外部広報委員長を務める。


連載経済小説 東京崩壊

この国に住み続ける限り、巨大地震は必ずくる。もし巨大地震が東京を襲ったら、首都機能は完全に麻痺し、政治と経済がストップ。その損失額は110兆円にもおよび、日本発の世界恐慌にまで至るかもしれない――。今後、日本が取るべき道は何か。その答えを探る連載経済小説。

「連載経済小説 東京崩壊」

⇒バックナンバー一覧