HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ひと振り、ふた振りが健康的か!?
摂り過ぎても不足でも心血管病に
食塩制限

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第88回】

 塩分の過剰摂取が血圧の上昇をもたらすのは科学的に証明されている。疑義を挟む余地はない。日本高血圧学会の高血圧治療ガイドライン(2009)による1日の食塩摂取基準は6グラム未満で、「本来はもっと少なくするべき」(循環器専門医)という意見が多い。実際の日本人男性の塩分摂取量は11グラムを超えている。40~70歳男性の6割以上が高血圧という現実もあって、同学会では厚生労働省に減塩の促進を働きかけている。

 一方、減塩が高血圧を主要因とする心筋梗塞などの「心血管病」の発症を予防する効果があるか、という点については長らく論争が続いている。というのも血圧とは違い、確実な証拠が見当たらないからだ。血圧を下げるからには「心血管病も予防するはず」との推測が半ば常識化していたのである。ところが、だ。

 昨年秋口来、相次いで減塩の効果を否定する調査研究が発表された。なかでも11月に米国から発表された約3万人の被験者を4年間追跡した試験では、「食塩の過剰摂取はもちろん、不足し過ぎても心血管病を引き起こす“Jカーブ現象”が示された」のである。

 つまり、減塩により心血管病の発症率は減少するが、ある線を越えると、今度は逆に発症率が上昇するというのだ。

1 2 >>
関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧