ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 東京崩壊
【第25回】 2012年5月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
高嶋哲夫 [作家]

道州制

1
nextpage

第2章

10

 さて、と殿塚は持っていた紹興酒のグラスをテーブルに置いた。

 「私はあなたの『中央集権の崩壊』と『日本、遷都の歴史』を読ませていただきました。ハーバードで書いた論文でしたね。もちろん、日本語に訳されたものですがね。1年アメリカにいたが、英語はどうも苦手でね」

 殿塚はそう言ったが、ワシントン・ポストの愛読者だという話を聞いたことがある。

 「非常に斬新で興味深いものでした。日本の官僚に、このような考え方の出来る者がいるのかと感心しました。あれはアメリカでの研究生活の一時の高揚のなせる業ですか、それとも、今も心に秘めている本心ですか」

 森嶋は即答出来なかった。おそらくその両方だ。外国で日本を眺めると、国内では見えなかったものが見えてくる。

『中央集権の崩壊』は巨大化した政府と都市の弊害を述べている。企業を例に上げて、グローバル社会で生き残り、発展する必須条件と、さらに世界と競争し成果を上げるには、ある程度の規模が必要だとも主張している。つまり、日本の東京一極集中の弊害と地方分権の必要性を論じている。

『日本、遷都の歴史』は、国家の顔である首都の意味を森嶋なりに論じたものだ。交通と通信が発達した現在において、首都の意味は昔とは大きく違ってくると述べている。そして、将来求められる新しい首都機能にも言及している。

 長年考えていたことには違いないが、やはり日本にいたら書けなかったものだ。時間的な制約もあったが、日本が進んでいる道とは相反する道であることが大きい。両論文とも小さな政府を目指し、地方独自の発展を促し、新しい日本を造り上げようという考えが中心になっている。日本を一つの国とするより、特色を持った地方の集合体として発展させるべきだと述べたものだ。アメリカ型の国家に近い。たしかに、官僚らしくない論文だ。

 「一つの日本のあり方として書いたものです。あれがすべてではありません。いろんな考えがあって当然だと思います」

 官僚らしい答えだと思った。やんわりとではあるが、自分の意思を否定し、逃げ道を作るものだ。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高嶋哲夫 [作家]

1949年、岡山県玉野市生まれ。1969年、慶應義塾大学工学部に入学。1973年、同大学院修士課程へ。在学中、通産省(当時)の電子技術総合研究所で核融合研究を行う。1975年、同大学院修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員。1977年、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学。1981年、帰国。
1990年、『帰国』で第24回北日本文学賞、1994年、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞で大賞・読者賞など受賞多数。
日本推理作家協会、日本文芸家協会、日本文芸家クラブ会員。全国学習塾協同組合理事。原子力研究開発機構では外部広報委員長を務める。


連載経済小説 東京崩壊

この国に住み続ける限り、巨大地震は必ずくる。もし巨大地震が東京を襲ったら、首都機能は完全に麻痺し、政治と経済がストップ。その損失額は110兆円にもおよび、日本発の世界恐慌にまで至るかもしれない――。今後、日本が取るべき道は何か。その答えを探る連載経済小説。

「連載経済小説 東京崩壊」

⇒バックナンバー一覧