ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 東京崩壊
【第40回】 2012年6月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
高嶋哲夫 [作家]

暴落の糸口

1
nextpage

第3章

12

 

 通話ボタンを押したとたん、理沙の声が飛び込んできた。

〈森嶋君、ユニバーサル・ファンドの動向が分かったわ。やはり日本国債の大量買いをやってるのよ。2兆円の買い付け〉

 「確かなんですか。1桁多い」

〈間違いない。私も3度、聞き直した〉

 「そんな金をどこから集めたんですか」

〈驚くのは早いわよ。彼らの所有してる日本国債は現時点で32兆円。これで外国人所有の日本国債が101兆円になった。これは国債発行残高の11パーセントに当たる。初めて外国人所有の日本国債の割合が2桁に乗ったのよ〉

 しかも、と理沙は続けた。

〈インターナショナル・リンクが日本と日本国債のランクを一気に3ランクも下げたあとよ。これって何を意味してるか分かる〉

 理沙は興奮を含んだ声で一気に言った。

 頬にやわらかい感触を覚えた。優美子が耳を携帯電話に近づけてきたのだ。

〈彼ら、何らかの操作をするつもりなのよ〉

 「何らかの操作って、何なんです」

〈知らないわよ。お友達のハンサム君に聞いてみて。CDS買いも同時にやってる。正確な額は分からない。でも、たがが外れたように、という表現だった。ついに、ユニバーサル・ファンドが戦争をしかけてきたのよ。世界中が、日本に注目してる〉

 森嶋は理沙の言葉を十分理解できなかったが、ユニバーサル・ファンドが本気であることは分かった。日本国債暴落の糸口をつかんだのかもしれない。

 「しかしそんな大金、一つのファンドがどうして動かせたんです」

〈問題はそこね。これにはすごい裏があるのかも知れない。私たちが想像もつかないような〉

 「なにか分かったら報告してください。僕も、理沙さんに報告しますから」

〈それって私のセリフでしょ。初めてじゃないの。あなたのほうから言い出すなんて。でも了解よ。協力しましょ。日本のためにね〉

 携帯電話は切れた。

 優美子が身体を離した。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



高嶋哲夫 [作家]

1949年、岡山県玉野市生まれ。1969年、慶應義塾大学工学部に入学。1973年、同大学院修士課程へ。在学中、通産省(当時)の電子技術総合研究所で核融合研究を行う。1975年、同大学院修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員。1977年、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学。1981年、帰国。
1990年、『帰国』で第24回北日本文学賞、1994年、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞で大賞・読者賞など受賞多数。
日本推理作家協会、日本文芸家協会、日本文芸家クラブ会員。全国学習塾協同組合理事。原子力研究開発機構では外部広報委員長を務める。


連載経済小説 東京崩壊

この国に住み続ける限り、巨大地震は必ずくる。もし巨大地震が東京を襲ったら、首都機能は完全に麻痺し、政治と経済がストップ。その損失額は110兆円にもおよび、日本発の世界恐慌にまで至るかもしれない――。今後、日本が取るべき道は何か。その答えを探る連載経済小説。

「連載経済小説 東京崩壊」

⇒バックナンバー一覧