ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 東京崩壊
【第51回】 2012年7月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
高嶋哲夫 [作家]

新首都の模型

1
nextpage

第3章

23

 夜の町を森嶋、ダラス、理沙を乗せたタクシーは走った。この時間、六本木はまだ人で溢れていた。

 ダラスは真剣な表情で町の様子を見ている。

 「日本はまだまだ元気です。そうは思いませんか」

 「町のにぎわいと経済の健全性とは関係ありません。バブルとその崩壊を経験したあなた方のほうがご存じのはずだ」

 森嶋の言葉に冷静な声が返ってくる。

 「発展途上国の市場のにぎわいを経済の強さととらえることが出来ますか」

 たしかにその通りだ。しかしバブルのにぎわいと民衆の勢いとは違う。発展途上国は経済状況は今一歩でも、市場の活気は日本以上だ。そしてそこで生きる人々は目の輝きが違う。その国はいずれ必ず、大きな発展を遂げる。

 「それに日本には経済以外の危険が潜んでいます。国と国債の評価には、その危険性も考える必要があると思いませんか。さらに重要なのは、その危険に対する政府の意識と取り組みです」

 ダラスは地震など自然災害の危険性について言っているのだ。地震、津波、そして火山と、日本には巨大な自然災害が迫っているのだ。

 「純粋な経済に加えて、未知であってもその危険性を考慮して格付けをするということですか」

 「それも重大な要素です。現実の日本には特にね。残念ながら日本政府には、それに対する危機感が感じられない。もしものときに、私たちは顧客にリスクを与えたくありません。そして、私たち自身にもね」

 リーマンショック以後、格付け会社にも多くの非難が寄せられた。連邦議会にも取り上げられた。破綻寸前のリーマンブラザーズに対しても、高い評価が与え続けられていたのだ。最高ランクのAAA評価をしていた格付け会社すらあった。

 「ねえ、どこに行くの。まさかおかしなところじゃないでしょうね」

 理沙が外に視線を向けながら聞いた。

 「もうすぐです」

 ダラスの身体がわずかながら強ばっているのを森嶋は感じていた。同行したのを後悔し始めているのだろう。

 外国で、身元は分かっているとはいえ、見知らぬところに連れていかれるのだ。外国人と日本人では、リスクに対する感じ方が大きく違うのかもしれない、と森嶋は思った。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高嶋哲夫 [作家]

1949年、岡山県玉野市生まれ。1969年、慶應義塾大学工学部に入学。1973年、同大学院修士課程へ。在学中、通産省(当時)の電子技術総合研究所で核融合研究を行う。1975年、同大学院修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員。1977年、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学。1981年、帰国。
1990年、『帰国』で第24回北日本文学賞、1994年、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞で大賞・読者賞など受賞多数。
日本推理作家協会、日本文芸家協会、日本文芸家クラブ会員。全国学習塾協同組合理事。原子力研究開発機構では外部広報委員長を務める。


連載経済小説 東京崩壊

この国に住み続ける限り、巨大地震は必ずくる。もし巨大地震が東京を襲ったら、首都機能は完全に麻痺し、政治と経済がストップ。その損失額は110兆円にもおよび、日本発の世界恐慌にまで至るかもしれない――。今後、日本が取るべき道は何か。その答えを探る連載経済小説。

「連載経済小説 東京崩壊」

⇒バックナンバー一覧