ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

なぜ一転して失敗するのか
事業提携の打率を上げるには
5つの準備が必要である

上田惇生
【第296回】 2012年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
1890円(税込)

 「事業提携では、とくにそれが成功したとき、当事者間で目的や目標の違うことが明らかになる。悪いことに、問題を解決するためのメカニズムが用意されていない。だがそれらの問題は、あらかじめ見通せるし、大抵は予防できる種類のものである」(『実践する経営者─成果をあげる知恵と行動』)

 今日、提携は百花繚乱である。合弁をはじめ、情報収集、研究開発、マーケティング、その他事業活動のあらゆる局面で、多様な形態の下に行なわれている。ドラッカーが推奨してきたように、いまや多角化やグローバル化のための経営戦略として、最有力の手段となっている。

 ところがこの提携が、せっかくうまくいっているとき、一転して失敗する。むしろ失敗の確率は、成功しているときに高まる。

 ドラッカーは、これを防ぐための予防策はあるという。提携のメリットを説いていたとき、すでに豊富な先行例を教材に失敗の防止策まで説いていたのである。

 第一に、提携を結ぶ前に、両社がそれぞれ目標とするものを明らかにしておくことである。たとえば合弁の場合、どこまで成長を許すのか。親会社と合弁会社のそれぞれの目標は、三年おきに見直していかなければならない。

 第二に、いかにマネジメントするのかについても、あらかじめ合意しておく。そもそも、利益はどうするつもりか。配当か留保か。

 第三に、誰がマネジメントするかを明確にしておく。その都度、いちいち両社の代表が集まって会議を開くわけにはいかない。

 第四に、親会社それぞれのトップマネジメント内に担当の責任者を持つことである。
第五に、意見の不一致が生じたときの問題解決の方法について、合意しておくことである。そのための切り札が、いざという時のための外部調停者である。できれば、提携の解消権まで与えてしまう。あえて、そのような調停者を持つことにより、提携当事者双方の自制が可能になる。

 「今日、あらゆる種類の提携が行なわれている。だが、提携は脆い。スタート時の失敗率は、自力での新事業の立ち上げや買収に比べてとくに高いわけではないが、むしろ成功したあと、深刻な、ときには致命的な問題が生ずる」(『実践する経営者』)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧