ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
【第5回】 2012年10月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
林 總 [公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授(管理会計事例)]

第2章 現金製造機の効率を上げよ(後編)
バランスシートを理解する

1
nextpage

林總先生の最新刊『50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?』の刊行を記念して、シリーズ第1作『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』の内容を特別公開。父の遺言により社長に就任した由紀は、会計力で会社を救えるのか?今回は第2章の後半をご紹介致します。

【前回までのあらすじ】
父の遺言により倒産寸前の服飾メーカー「ハンナ」の社長に就任した由紀。ところが、メインバンクからは資金協力を拒否され、1年経っても経営が改善しなければ融資を引きあげると言われる。会計のプロ・安曇のコンサルを受けて希望を見出していく由紀。そしてある日、安曇から「現金を生まない資産を処分して、元の姿である現金に戻すことがリストラの第一歩」とアドバイスされる。

バランスシートの右側と左側の関係

 メインディッシュの鹿肉のステーキが運ばれてきた。さっぱりした鹿肉と濃厚なソースが絶妙にとけ合った味に2人は満足した。安曇は瞬く間に平らげると、口直しにペリエを一口飲んで由紀のノートに絵を描いた。

 「今まではバランスシートの左側の話だった。次は、右側を見ていこう。こちらは資金(元手となる現金)をどこから調達したかを表している。調達源泉は、取引業者、銀行、株主、会社の儲けの4つだ。取引業者から調達した資金は買掛金、銀行からの資金は借入金だ。どちらも、いずれ返さなくてはならないから『他人資本』という。株主から払い込まれた資金の源泉は資本金と資本剰余金、会社の儲けが利益剰余金だ。これらは会社のものだから『自己資本』と呼ぶ」

 由紀は、ハンナのバランスシートを思い浮かべた。資金のほとんどは銀行借入だ。借入金には返済義務があるし、利息もかかる。だから、借金で投資した場合、その固定資産(現金製造機)が新たな現金を生まなければ、経営は成り立たない。ハンナの経営がおかしくなった原因が、少し見えてきた。

 
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


林 總(はやし・あつむ) [公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授(管理会計事例)]

1974年中央大学商学部会計科卒業。外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。経営コンサルティング、執筆、講演活動などを行っている。 主な著書に、ベストセラーとなった『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』『美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?』『コハダは大トロより、なぜ儲かるのか?』『[新版]わかる! 管理会計』(以上、ダイヤモンド社)、『ドラッカーと会計の話しをしよう』(中経出版)、『会計物語 会計課長団達也が行く』(日経BP社)、『貯まる生活』(文藝春秋)などがある。

著者ホームページ:http://atsumu.com/

 


餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

会計はすべてのビジネスパーソンが学んでおくべき必修知識 あなたは会計に強いですか?

経営者やマネジャーはもちろん、すべてのビジネスパーソンは、会計の基本的な知識を学んでおく必要があります。 でも、会計ってなんだかむずかしそうだし、学ぶのは億劫ですよね。そんな会計に苦手意識をもつ方に贈るのが本連載。 小説仕立てのベストセラー会計本『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』の中から一部を無料で公開。 会計の基本のキである損益計算書(PL)、バランスシート(BS)、キャッシュフローについて学べる章を特別公開します。 会計をまったく知らない人でも、本文を読み進めるうちに、しぜんに決算書のしくみやキャッシュフロー経営の意味など、 会計の基本と勘所がわかってしまう連載がスタート。

本連載は、毎週水曜日に掲載。

「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」

⇒バックナンバー一覧