ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

完璧な組織構造はない
ある程度の問題は覚悟しておく

上田惇生
【第304回】 2012年9月26日
著者・コラム紹介バックナンバー

 「完璧な組織構造などありえない。せいぜいできることは、問題の少ない組織をつくることである」(ドラッカー名著集(14)『マネジメント─課題、責任、実践』[中])

 組織に欠陥があるときに表れる症状にはどのようなものがあるか。

 第一が、階層の増加である。情報理論によれば、中継点が一つ増加するごとに、伝達される情報は半減し、発生する雑音は倍増する。組織において階層とは、この中継点である。

 そもそも階層が15もあったのでは、運よく各階層を5年で卒業していっても、社長候補と目されるようになるだけで、80歳から90歳になる。

 第二が、組織問題の頻発である。組織にかかわる問題を一つ解決した途端に、似た問題が姿を変えて出てくる。考えもなしに、職能別組織や「ラインとスタッフ」の考えに頼るからである。自らの組織の基本単位が何であり、それらをいかにして組み合わせるかを分析しないからである。

 第三が、些事の重視、すなわち所管と手続きの重視である。「組織は戦略に従う」の原則を知らずに、生かじりの組織論に従う。重要なのは組織図ではなく、組織そのものである。

 第四が、会議の増加である。理想的な組織とは、会議なしで動く組織である。人は、会議に出るか、仕事をするかである。会議に出ていれば、その間仕事はできない。

 ドラッカーは、会議が多過ぎるということは、仕事の分析や仕事の大きさが十分でなく、仕事が真に責任を伴うものになっていないからだという。

 第五が、調整役の増加である。仕事が細分化され過ぎているためである。あるいは、組織の基本単位が、果たすべき貢献の種類ではなく、職能の種類によって機械的に配置されているためである。

 第六が、組織改革である。今日では、あらゆる組織が自らの構造を気にしている。それだけでなく、年中いじっている。これこそ間違った組織の典型的な症状である。

 「組織改革は手軽に行ってはならない。それはいわば手術である。小さなものであっても危険を伴う。安易な組織改革は退けなければならない。もともと完全無欠な組織構造はない。ある程度の摩擦、不調和、混乱は覚悟しておくべきである」(『マネジメント』[中])

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧