ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

最高益更新シナリオにブレーキ
“稼ぎ頭”に翻弄される三菱商事

週刊ダイヤモンド編集部
2012年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー

 商社の第2四半期決算発表が近づき、業界の盟主、三菱商事の社内がざわついている。2013年3月期決算の通期業績予想の下方修正に追い込まれそうだからだ。

 見通しは純利益5000億円で、過去最高益を記録するはずだった。それを「3500億円前後まで下げてくる」(五百旗頭治郎・大和証券シニアアナリスト)というのが、多くの市場関係者の読みだ。

 三菱商事といえば、主に石炭などの資源高を享受してきた業界の雄。だが、第1四半期決算では、原料炭などを扱う稼ぎ頭の金属部門の純利益は60億円と、前年同期と比べて9割も減少。早くから業績の下方修正が囁かれていた。

オーストラリアの鉱山ストで 業績下振れ懸念が強まる
Photo by Toshiaki Usami

 最大の誤算は、オーストラリアの鉱山で労働者がストライキを起こしたこと。「労使協定は、大枠の合意にこぎ着けている」(三菱商事)というが、今年7月まで断続的に続いており、稼働率は約6割にまで低下した。

 それだけではない。中国経済の減速で鉄鉱石や石炭などの需要が鈍化し、直近の1年で原料炭の契約価格は40%近く下落している。会社全体の利益の実に38%(12年3月期)を金属部門に頼る三菱商事にとって、頭の痛い話となっているのだ。

 “一極集中”リスクには会社も危機感を抱いており、昨年チリなどの銅鉱山へ投資を決めるなど、商品や地域の分散を急ぐ。だが、それらが収益貢献する前に、恐れていたことが顕在化した。

 他商社は、資源価格の前提を堅めに見積もっていたり、他の事業でカバーしたりして、今のところ下方修正は免れそう。しかし、同様のリスクを抱えていることに違いはなく、“対岸の火事”ではない。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 脇田まや)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧